生命保険を受け取るときに相続税はいくらかかる?節税する方法はあるの?

生命保険 相続税

生命保険金は数百万円から数千万円にのぼることもあるため、巨額のお金が家族のもとに振り込まれることもあります。

しかし満額が家族のもとに転がり込むわけではなく、相続税が適用されるため、実質で受け取れる金額は保険金額よりも少なくなります。

生命保険を契約されているみなさんは、自分が亡くなったときの保険金にどの程度相続税が適用されるのか不安に感じているかもしれません。

そこで今回は生命保険の保険金を受け取るときに相続税はいくらかかるのか、また節税する方法はあるのかについて解説していきます。

生命保険では受取人が相続人なら相続税が適用される

大前提として生命保険で相続税を適用されるには、保険契約者と被保険者と受取人が以下の関係性でなければ適用されません。

生命保険 相続税

生命保険の契約者と被保険者が同一で、保険金の受取人指定されているのが契約者(被保険者)の法定相続人である場合にのみ、相続税が適用される仕組みになっています。

保険契約者と受取人が同一である場合には、所得税が適用されます。

契約者も被保険者も受取人もすべて異なる場合には、贈与税が適用されます。

自分で契約して自分にかけた保険を、子どもや配偶者などの法定相続人に受け取らせるときのみに相続税が適用されるので、注意が必要です。

生命保険金の相続税は法定相続人×500万円を差し引いた金額に適用される

生命保険金の相続税適用条件に当てはまっている場合、受取人に指定されている法定相続人の数×500万円が控除対象となり、非課税になります。

つまり生命保険の相続税は法定相続人×500万円を差し引いた金額に適用されます。

仮に1000万円の保険金を受け取れる場合に、受取人に指定されている法定相続人が2名(配偶者・子ども1人)に設定されていると、

2×500万円=1000万円分控除を受けられるので、保険金に対する課税枠は0万円、つまり非課税で額面通り受け取れます。

仮に2000万円の保険金で受取人が同じく法定相続人2名に設定されていると、

2×500万円=1000万円になるので、課税対象は1000万円です。

控除を差し引いた残りの金額に対して相続税が適用されます。

2020年現在、相続税の計算方法は以下の通りになっています。

法定相続分に応ずる所得金額 税率 控除額
1000万円以下 10%
3000万円以下 15% 50万円
5000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1700万円
3億円以下 45% 2700万円
6億円以下 50% 4200万円
6億円以上 55% 7200万円

(引用:国税庁公式HP

つまり保険金にかけられる相続税は、表の一番上「1000万円以下」の税率が適用されますので、10%=100万円が相続税として徴収されることになります。

法定相続人が多いほど、非課税枠が広がるので保険金を受取額と同様に受け取れる可能性が高まります。

残された家族の生活保障のために控除が設けられている

「でもなんで法定相続人にだけ課税枠が設けられているの?」と疑問に思う方もいることでしょう。

法定相続人として認められるのは、子どもと配偶者、父母・祖父母・兄弟姉妹といった家族のみです。

生命保険に加入する本来の目的は、「死亡した被保険者が養うべき家族に対して保険金を残し、生活の保障を行う」ことが目的とされています。

相続税や所得税のように低い非課税枠で税金を徴収してしまうと、家族の受け取れる保険金額が少なくなってしまいますので、生命保険に加入する本来の目的を果たせなくなってしまいます。

相続人が保険金を受け取るという条件付き

相続税での非課税枠を受けるには、法定相続人が保険金を受け取るという条件が付けられています。

保険金を受け取る対象が相続人でない場合には、非課税枠が適用されないほか、相続税以外の課税方法がとられるので注意が必要です。

あくまで相続税の非課税枠として認められるのは、配偶者と血族ですので同棲している相手や内縁関係にある相手に対しては適用されないので注意が必要です。

生命保険の受取人を内縁の相手に指定する3つの条件とは

生命保険の受取人を未成年に指定するときの注意点を徹底解説します

相続人が生命保険を受け取るときの注意点

相続人が生命保険の保険金を受け取らせるときには、以下の注意点を把握しておく必要があります。

  • 生命保険以外の不動産や動産も遺産として相続税がかかる
  • 被保険者に借金がある場合には遺産から差し引かれる
  • 葬式費用は非課税
  • 二次相続で相続税の支払い額が高額になることも

以下で詳しく解説していきます。

生命保険以外の不動産や動産も遺産として相続税がかかる

相続税が適用されるのは、生命保険以外の不動産や動産も含まれます。

仮に父親が亡くなったとしたら、父親名義の土地や財産は相続人に引き継がれていきます。

相続する遺産の金額を総合してから、相続税の適用額計算が行われるのです。

つまり保険金の課税枠が500万円でも、そのほかの不動産や動産の金額と合わせて相続税が計算されるので、生命保険金自体の相続税が低くてもそのほかの財産が高額な場合は相続税を多額支払う可能性があるのです。

被保険者に借金がある場合は遺産から差し引かれる

被保険者に借金がある場合には、遺産から借金が差し引かれることになります。

遺産総額から借金を差し引いた金額に対して、相続税がかけられることになります。

借金の中には単純に金融機関から借りている金銭も含まれますのので、車や住宅ローンの残りの支払額も含まれます。

葬式費用は非課税

被保険者の葬儀を行う際には、葬式にかかった費用は、生命保険金や不動産を含めた遺産総額から控除されます。

そのため葬式費用を差し引いた金額に対して、相続税が適用されます。

ただし葬式費用を出したのが相続人でない場合には、葬式費用の控除は適用されなくなります。

二次相続で相続税の支払い額が高額になることも

相続税の非課税枠で一番高額な控除が受けられるのは、配偶者で1億6千万円。

相続する財産が1億6千万円までなら、相続税は徴収されないので相続人を配偶者のみに指定しておけば、相続税を徴収されることなく相続できます。

仮に夫が亡くなって夫婦間に子どもがいる場合、配偶者の相続分を多く指定しておけば、相続税を限りなく減額したうえで相続できます。

しかしその後相続人となった妻が亡くなった場合、次に相続できるのは夫婦の子どもになります。

子どもは配偶者控除(1億6千万円)を適用できないので、基礎控除分しか相続税の控除が受けられません。

「直近で相続税を節約できればいいや」と配偶者控除のみを利用してしまうと、最後に相続する子供に多額の納税の義務が課せられるので、注意が必要です。

相続税が適用されない生命保険はない

「相続税の納税は嫌だから相続税の適用のない生命保険に加入したい」と感じている方もいることでしょう。

残念ながら相続税の適用されない生命保険はありません。

死後保険金を受け取るのであれば、何らかの形で納税の義務は発生するので避けることは不可能です。

納税を避けようとして何らかの処置をとると、脱税になってしまいますので、注意が必要です。

医療保険などの給付金は非課税

ただし医療保険などの給付金型の保険は非課税になります。

給付金型の保険は利用するとあらかじめ決められた金額が支給されるので、課税対象としては認められないんです。

生命保険ではありませんが非課税になる保険金として知っておいて損はないでしょう。

生命保険の相続税を最低限にしたいなら保険相談を利用してみよう

生命保険の相続税を最低限にして納税額を最小限にしておきたいのであれば、FPの所属している保険相談窓口を利用してみましょう。

無料で利用できる保険相談窓口の中には、保険の知識が豊富にあるだけではなく、家計や相続事情にも精通しているファイナンシャルプランナーの資格を保有しているスタッフに相談できるところもあります。

これから生命保険に加入したいあるいは加入している生命保険の受取人を変更したいと考えている方は、保険相談窓口を利用してみることで、相続税を考慮して残された家族のために効率よくお金を残せるかもしれません。

以下の保険相談窓口ではファイナンシャルプランナー資格を保有しているスタッフに相談することもできるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

生命保険の相談におすすめな保険相談窓口10選【2020年最新】

マネードクター

マネードクター

マネードクターは保険のことだけでなく、将来の家のお金のことを考慮したうえで提案を受けられる保険相談窓口です。

資産運用や家計のことも相談できるほか、ファイナンシャルプランナーが1300名以上も在籍しているので、ほかの相談窓口よりもより専門的な知識を共有してもらえるかも。

まさにお金のお医者さんの名前にふさわしいサービスですので、相続税の対策に困ったらマネードクターで相談してみてはいかがでしょうか。

マネードクター(保険のビュッフェ)の口コミ・評判からメリット・デメリットを紹介!

みんなの生命保険アドバイザー

みんなの生命保険アドバイザー

みんなの生命保険アドバイザーは生命保険専門の保険相談窓口です。

ファイナンシャルプランナーの資格保有者が無料で保険相談に乗ってくれるほか、担当者の変更にも応じてくれるストップコール制度を採用しています。

訪問相談サービス形態で運営されているので、忙しい方や外出を控えたいと検討されている方にはうってつけのサービスです。

以下の記事でみんなの生命保険アドバイザーの詳細な情報について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

みんなの生命保険アドバイザーの口コミ&評判!メリット・デメリットを徹底解説!

生命保険金の相続税を計算して残された家族に負担が残らないようにしよう

いかがでしたか?

生命保険金は数千万円と高額になることも予想される保険です。

契約者と被保険者が同一で受取人が法定相続人の場合には、相続税が適用されます。

相続税の場合は法定相続人の人数×500万円の控除枠が設定されているので、相続人の人数によっては控除のおかげで課税なしで額面通り受け取れることも。

法定相続人の人数を把握してどの程度の控除が受けられるのかを確認して、家族に負担が残らないように対処していきましょう。

当サイトがおすすめする保険相談窓口3選