生命保険を50代で見直そう! 保障の見直しポイントと注意点を解説

50代になると定年退職も視野に入ってくる時期です。

老後の生活費や健康リスクも考慮して、加入している生命保険の見直しを行って、収入やライフスタイルに見合った保険に加入し続けられます。

でも生命保険の見直しといっても、何から手を付けていいかわからないですよね。

今回は50代が生命保険を見直す時に確認すべきポイントと、注意点を徹底的に解説していきます。

50代は老後のために保険を見直す時期

「なんで50代に生命保険を見直さなきゃいけないの?」と疑問に思う方もいますよね。

50代は以下の理由から、老後を見据えて保険を見直す必要があります。

  • 定年退職後の生活のために家計を見直す必要がある
  • 老後になるにつれて残すべきお金は減っていく

以下で詳しく解説していきます。

定年退職後の生活のために家計を見直す必要がある

50代ともなれば定年退職を焼く10年後に控えた時期です。

定年退職時には退職金をまとめて受け取りますが、すべてを使い込むのではなく計画的に消費する必要があります。

また退職後はシルバー人材や再就職を検討されている方もいますが、現役で仕事をしていた時期よりは給与が減ってしまいます。

現役時代と同じ保険料を支払うには、生活を切り詰めなければならない人も出てくるんです。

生活を維持できるように家計を見直すためにも、生命保険の保険料を見直すべきなのです。

老後になるにつれて残すべきお金は減っていく

年齢が上がるにつれて給料が増えていきますが、実は老後に近づいていくにつれて残すべきお金は減っていくのをご存じでしょうか。

50代、60代ともなると、子供のいる家庭でも大学卒業や専門学校の卒業で、子供が自立していきます。

子供が自立した後は夫婦のみの生活に戻りますから、生活費もその分減ります。

また子供の将来のためにお金を残しておく必要もありませんから、保険金を多額残しておく必要性は薄いです。

生命保険を見直して、適切な保険金に組み替えて無駄を省けます。

50代が生命保険を見直す時のポイント

50代が生命保険を見直す際には、以下のポイントを踏まえて手続きを進めていきましょう。

  • 特約の内容を確認して不要な補償を外す
  • 定年退職後に支払いきれる保険料を算出する
  • 死亡保険金額を見直して必要に応じて減額
  • 家族にお金を残さないなら葬儀費用分は用意しておく
  • 死亡保険金の受取人を再確認する

以下で詳しく解説していきます。

特約の内容を確認して不要な補償を外す

生命保険は死亡保障目的で加入するのが一般的ですが、保険会社のプランによっては特約としてオプションで保障を追加できます。

50代で保険に加入されている方の中には、会社に来ている保険外交員や友人や親せきからの紹介で加入を決めている人もいますよね。

プランの良しあしをいちいち確認するのは面倒くさいですから、提示されたプラン通りに加入してしまいがちですが、不要な特約や保障がつけられていることもあるんです。

特約の内容を見直して不要な補償を外すことで、保険の無駄を省いて老後の保険料負担を軽減できます。

定年退職後に支払いきれる保険料を算出する

定年後にどんな生活を送るのかをイメージして、支払いきれる保険料を算出してみてください。

定年退職後に職が決まっているのであれば、予想できる収入から算出しましょう。

また年金の受給金額も考慮しておきましょう。

定年退職後も現在の保険の保障内容と保険料のまま、加入を継続できるかを判断する材料になります。

死亡保険金額を見直して必要に応じて減額

定期保険に加入されている方は、契約している保険の死亡保険金額を見直してみましょう。

冒頭でも紹介したように、老後に必要な金額は年齢を重ねれるにつれて減少していきます。

死亡保険金額が高いほど生命保険は保険料が高くなるので、一度保険金額が適切かを確認してみて下さい。

必要以上に加入しているのであれば、保険金額の減額も視野に入れる必要があります。

家族にお金を残さないなら葬儀費用分は用意しておく

お金を残すべき子供がいない、あるいは家族にお金を残す必要がない50代も中に入るかもしれません。

ただし保険をすぐに解約するのはNG。

自分が死亡した後の葬儀費用分だけは用意しておきましょう。

人一人が死亡して葬儀などしかるべき対応を完了するには、百万円以上かかることも。

加入している保険を見直して、葬儀費用分だけは捻出できる金額に調整する必要があります。

死亡保険金の受取人を再確認する

保険の見直しで見落とされがちなのが、死亡保険金の受取人です。

契約時には保険金を受け取る人物を指定する必要がありますが、過去に契約した内容を覚えている方は少ないですよね。

実は中には結婚前に生命保険に加入していたため、受取人を親に指定したままにしていたり、離婚した元配偶者を受取人にしたまま気づかないこともあるんです。

保険会社は契約されている内容通りに保険金を支払う義務がありますので、受取人との現在の関係がどうであれ保険金をきっちりと支払います。

意図しない人や保険金を渡したくない人にまでわたってしまうかもしれません。

特に50代は健康リスクが高い年代ですから、死亡保険金を支払われる可能性は若年層に比べて高くなります。

いざ残された家族が保険金を受け取ろうとしても、別の人に支払われてしまい大きなトラブルに発展する可能性もありますので、見直しのタイミングで適切な受け取りにに指定できるかを確認してみましょう。

生命保険の受取人は離婚後に変更すべき!離婚時の対応について徹底解説します

生命保険の受取人が先に死亡したら受取人変更はできる!方法と注意点を解説

生命保険を50代で見直す時の4つの注意点

生命保険を50代で見直す時には、以下の4つの注意点を把握しておきましょう。

  • 主審保険を見直す際は解約返戻金の金額を確認する
  • 生命保険以外の保険も同様に見直す
  • 健康状態によっては他の保険に切り替えられないことも
  • 独断で全て決めない

以下で詳しく解説していきます。

終身保険を見直す時は解約返戻金の金額を確認する

生命保険を終身で契約している方が保険を見直す時には、現時点での解約返戻金の金額を確認しておきましょう。

解約返戻金の金額によっては見直しをせずに、加入し続けたほうがいい場合もあります。

終身保険の解約返戻金は、保険料の払込期間をすぎないと支払った保険料を超えないため、早期で保険を見直して一部解約してしまうとかえって損になることも。

返戻金の金額を見て、保険を見直して保障をスリム化するかを検討しましょう。

生命保険以外の保険も同様に見直す

50代で生命保険を見直す際には、ほかの保険も同様に同じタイミングで見直しましょう。

医療保険やがん保険、自動車保険も生命保険と同世に家計と相談しながら、保険料を決めていきます。

生命保険で削れる保障がなかったとしても、ほかの保険で見つかることもあるかもしれません。

健康状態によっては他の保険に切り替えられないことも

「今の保険の保障内容から別のやつに切り替えよう!」といっても、健康状態によっては他の保険プランへの切り替えが認められないこともあります。

生命保険は文字通り、命の保障を行う保険ですので健康状態の告知審査は厳しく行われます。

50代で生活習慣病や保険会社の指定している病気に罹患した経験がある方は、保険の切り替えが認められないこともあります。

また定期保険の場合は年齢に応じて保険料が高くなっていくので、50代で新規加入しようとすると、保険料が高く支払いきれなくなってしまうかもしれません。

自身の健康状態を会社の健康診断書や人間ドッグの内容を見て、保険を切り替えられるかを判断してみましょう。

保険料が気になる場合は、インターネットで年齢など諸条件を入力するだけでOKなシミュレーションツールを利用してみると、わかりやすいかもしれません。

独断で全て決めない

夫婦の片方が保険契約を管理している家庭は多いでしょう。

ただし保険の見直しで管理者が保険の見直しを、すべて独断で決めてしまうのはNG。

保障内容を確認したりいらない保障を取捨選択する作業は、一人で行うとミスが生じやすいです。

誰かのアドバイスを受けたり、家族でよく話しあってみてください。

生命保険の見直しなら保険相談窓口での相談も◎!

生命保険の見直しを初めて行う方は、どんな保障を取捨選択すべきかわからない方もいるでしょう。

保険の見直しを検討されているなら、保険相談窓口の活用も検討してみてください。

保険相談窓口では、保険の知識を持つスタッフから保険の見直しについてアドバイスを受けられます。

また取り扱っている保険会社の中から、保障の提案も対応してもらえます。

以下では50代の生命保険の見直しに活用できる、おすすめの保険相談窓口を2つ紹介していきます。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗は全国に300店舗以上を展開する、保険相談窓口です。

店舗での相談のほかにも、担当スタッフによる訪問相談にも対応してもらえます。

生命保険の相談も対応しているので、初めて保険相談を行う50代でも安心して利用できます。

生命保険以外にも火災保険や自動車保険、医療保険など様々な保険を取り扱っているので、総合的に保険の保障を見直せます。

以下の記事で保険見直し本舗の詳しいサービス内容について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

保険見直し本舗の実際の口コミ・評判からわかるメリット・デメリットを紹介!

マネードクター

マネードクター

マネードクターはFPが多数在籍している保険相談窓口です、

なんと業界最大級1300名以上がFPとして在籍しているので、保険の保障だけではなく老後の家計相談や相続相談も対応してもらえます。

全国に拠点を構えており、21社の保険会社の中から保険を提案してもらえます。

以下の記事でマネードクターのサービス内容について、詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

マネードクター(保険のビュッフェ)の口コミ・評判からメリット・デメリットを紹介!

定年前の50代で生命保険を見直して必要な保障に絞ろう

いかがでしたか?

50代は定年を間近に控えたタイミングですので、老後のことも考えて総合的に家計を見直す必要があります。

家計を見直す一つの手段として、生命保険の保障内容を確認して、必要ない保険を適宜省いていきましょう。

自分で見直しが難しいと感じるのであれば、保険相談のプロである保険相談窓口を利用してみましょう。