火災保険の見直しをすべき5つのベストタイミングと見直し時の注意点を解説します

火災保険では自宅が災害に見舞われた時に保険金が支払われる保険です。

賃貸でも持ち家でもいったん加入してしまえば、保険料を支払い続けるだけで補償を受けられるため、保険契約を放っておいている方も多いのではないでしょうか。

ですが火災保険も生命保険などと同様に、定期的に見直しをすることで、保険料の負担を軽減できる可能性があるってご存じですか?

でも実際に保険を見直すといっても、どんなタイミングですすめていいかわからないって方も多いですよね。

今回は火災保険の見直しをすべき5つのベストタイミングと、見直し時に注意すべきポイントについて徹底的に解説していきます。

火災保険を見直す5つのベストタイミング

火災保険は生命保険と同様に見直しをするベストタイミングが存在します。

  • 火災保険の更新のタイミング
  • ライフステージに変化のあったタイミング
  • 違う土地に引っ越したタイミング
  • 自宅を増改築したタイミング
  • 火災保険の保険料が値上がりするタイミング

以下で詳しく解説していきます

火災保険の更新のタイミング

賃貸や持ち家でも10年単位で火災保険を契約していると、決まって火災保険の更新日が訪れます。

火災保険の更新のタイミングでは加入を継続するか、また保険を解約するかを選択できます。

そのまま保険を同じ内容で継続することも可能ですが、実際に住んでみて保険の保障内容が不必要に感じられることもあるでしょう。

更新のタイミングであれば、保険料を払い込む前に契約内容を変更できます。

更新のタイミングをうまく活用して、無駄のない補償を目指しましょう。

賃貸で火災保険を見直すなら更新を狙おう!節約につながる見直しポイントを解説します

ライフステージに変化のあったタイミング

結婚出産などライフステージに変化のタイミングも、火災保険を見直すベストタイミングといえます。

結婚の場合は相手と同居するのが一般的ですから保証する家財も増えます。

また出産によって子供が生まれた場合、保険の補償を増やして子供の落書きや損害賠償に備える必要もあります。

ライフステージの変化のあるタイミングは住居にも家財にも変化が起きるので、保険を見直して必要な補償を取捨選択していきましょう

違う土地に引っ越したタイミング

賃貸や一戸建てに住んでいて、違う土地に引っ越したタイミングも火災保険を見直すひとつのベストタイミングです。

従来加入していた火災保険のまま加入しようとしても、見舞われる災害には偏りがあります。

仮に以前住んでいた家が水害の発生しやすい地域だとしても、引っ越し先が都市部で洪水の心配がない場合水災補償をつけるのは無駄になります。

逆に都市部から山間部に引っ越す場合は、土砂災害への警戒も含めて水災補償を出荷する必要があります。

火災保険は火災だけではなく洪水被害土砂災害などの、生活に身近な災害の保障も受けられます。

様々な保証が用意されているものの全てを付加してしまうと保険料の無駄になってしまいます。

土地柄によって気象条件や地盤の強さも変わりますので、引っ越しのタイミングを活用して加入すべき保険を見直してみましょう。

引っ越し時の火災保険手続きをわかりやすく解説!解約はすべき? 

自宅を増改築したタイミング

多世帯同居など自宅を増改築した場合、火災保険を見直す必要があります。

火災保険の保険料の決定には、建物の構造はもちろんのこと補償範囲である面積も絡んできます。

増改築を行い自宅の面積が広くなった場合、契約内容に変更が生じるので保険会社に申告が必須です。

また告知を行わない場合に、火災その他の災害が発生すると増改築されていない部分のみに保険が適用されて、満足いく保険金が受け取れません。

増改築したタイミングで保険を見直して、適宜正しい内容で加入しましょう。

火災保険の保険料が値上がりするタイミング

火災保険では、大規模災害が発生すると保険会社の保険金支払額が増大するため、2年に1回火災保険料の値上げが検討されます。

2020年は九州地方など各地で豪雨被害が発生し、河川の氾濫や洪水被害が続出しました。

保険会社は各種支払いを行ったため、保険料の収入と保険金支払いのバランスが保たれにくくなりました。

2021年も同様に火災保険料の値上げが予定されています。

従来の保険料とは異なる利率で算定されますので、各家庭の保険料負担が増えます。

補償内容は同じのまま保険料が上がっていくので、節約のために保障を見直して不必要な部分を削る必要があるのです。

火災保険の見直しを行うことで保険料を安くできる

「火災保険の見直しで何のメリットがあるの?」と疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

火災保険の見直しを行うことで、保険料を安くできる可能性があるんです。

火災保険加入前には不動産業者や、施工業者から火災保険の加入を勧められますよね。

特になんの情報もない状態で保険を紹介されると、補償内容をよく確認せずにそのまま加入してしまうこともあるでしょう。

一概には言えませんが業者が紹介している保険の中には、本来つけなくても良い特約が含まれていることもあります。

加入してから一定期間のタイミングで保険を見直すと、不必要な補償を発見できる機会も増えますので適宜削減して保険料を減らせるんです。

火災保険は見直しで保険料を安くできる?見直すメリット・デメリットをわかりやすく解説します

賃貸住宅の火災保険は途中解約しても大丈夫?違約金はある?

火災保険をタイミングに応じて見直すときの注意点

ただし上記のタイミングで当てはまるからといって、必ずしも火災保険を見直すべきであるとはいえません。

火災保険のタイミングに応じて見直す時には、以下の注意点を把握しておきましょう。

  • 火災保険に長期契約しているなら保険を本当に見直すかを検討する
  • 近隣のハザードマップを確認して必要な補償を取捨選択する
  • 家族としっかり話し合う
  • 保険に詳しい人に意見を求めてみる

以下で詳しく解説していきます。

火災保険に長期契約しているなら保険を本当に見直すかを検討する

賃貸契約だけど2年更新ですが、一戸建てにお住まいの方は10年20年単位で保険を契約しているかもしれません。

長期契約しているのであれば、保険料の割引が既に適用されているので、保険を見直す必要性は薄いでしょう。

特に現在は廃止されている35年の火災保険契約を結んでいる場合は、保険を見直してしまうと再度同じ年数で契約はできません。

ただし冒頭でもあげたように増改築を行った場合には、見直しをして契約内容を変更しましょう。

近隣のハザードマップを確認して必要な補償を取捨選択する

「最近テレビで豪雨の被害ばかりで怖いから水災補償は追加しておこう」と考えて補償を付けるのはいいのですが、土地の性質によってはつける必要がないこともあります。

地方自治体が提供しているハザードマップを確認してみると、自分の住んでいる地域が被害にあった場合どれだけの損害が起きるのかを一発で把握できます。

テレビの報道で災害に対して警戒心を持つのはいいことですが、何度もお伝えしてるように保険に補償を追加する=保険料が増えることにつながります。

実際にどれぐらいの確率で災害が起きるのかを、数値で確認して補償をつけるべきかを判断してください。

家族としっかりと話し合う

火災保険を見直す際は、契約書のみあるいは家計を取り設定で奥さんが進めてしまいがちです。

ただし一人で補償を見直そうとすると、見落としがあることも。

独断で決めるのは確かに効率が良いですが、家に住むのは家族も一緒なので家庭でよく話し合った上で補償を見直していきましょう。

保険に詳しい人に意見を求めてみる

「自分一人で保険を決めるのは不安…」という方もいるでしょう。

第三者の意見として、保険に詳しい人に意見を求めてみるのも一つの手です。

火災保険を見直した経験のある方や、保険相談窓口の担当者に相談してみるといいかもしれません。

実際に経験したことからアドバイスをもらえたり、保険に詳しい人の観点から見た保険の見直しポイントを児湯夕してもらえるかもしれません。

火災保険の見直しってどこでするの?

「火災保険の見直しはどこでしていいかわからない」という方もいるでしょう。

火災保険の見直しをする場合は、自宅で自分で調べた上で行う方法と、保険相談窓口で相談する方法の2パターンがあります。

すでに保険についてきちんと調べている方は、保険料を比較するだけで事足りるかもしれません。

一方で保険に関して知識がない方は、専門家がいる保険相談窓口を利用してみてください。

保険相談窓口では、専門のスタッフが無料で保険相談を担当してくれます。

加入している保険皆さんの希望している条件を照らし合わせて、補償の提案やアドバイスを受けられます。

店舗で相談できるタイプや、担当者が家まで訪問してくれるタイプもあります。

以下の記事で、当サイトおすすめの保険相談窓口を紹介していますので、ぜひ活用してみてください。

【2020年最新版】無料保険相談窓口おすすめランキングTOP10

【2020最新版】オンライン保険相談のおすすめ人気ランキングTOP5

火災保険を見直して無駄な保険料支払いを避けよう

いかがでしたか?

火災保険は災害に備えて加入する保険の一種ですが、タイミングを見計らって保障内容を見直す必要があります。

保険の見直しで無駄な補償をみつけて保険料の節約にもつながりますので、ぜひ機会を生かしてみましょう。

特に2021年は保険料の値上がりも発表されていますので、今の時期に見直しを進めていきましょう。

ただしやみくもに見直しを進めるのではなく、必要な補償を見極めたり土地柄に合わせた保険を選ぶのも忘れてはいけません。

「どう見直したらいいのかな…」と不安を抱えている方は、保険相談窓口やすでに火災保険を見直したことがある人に相談してみると、活路を見いだせるかもしれませんよ。