40代の男性におすすめの生命保険【選び方・相場も解説】

【PR】保険のはてなの掲載広告について
保険のはてなは、企業とアフィリエイトプログラムを提携しております。 そのため当サイト経由で登録・利用があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取っております。 収益に関しましてはサイトのコンテンツ向上に使用し、より正確な情報提供を行ってまいります。

40代の男性は、ローンや子どもの学費など、将来への心配事が非常に多い世代。

ライフイベントの多い30代と比較すると、少し余裕のある時間を過ごせますが、お金の問題は後を絶ちません。

また、40代は働き盛り&人生の分岐点なので、老後への不安もあります。

なので、生命保険の必要性も感じるはず。

しかし、「保険は高くて逆に損する」「40代の加入はもう手遅れかな」などの疑問点や不安が多いですよね。

実は、生命保険の種類は非常に豊富で、資産形成のメリットがある貯蓄型や月々数千円から加入できる生命保険も少なくはありません。

40代向けの保険の種類は多数存在するので、自分にぴったりな保険を選択できます。

本記事では、40代男性向けの保険の選び方や、おすすめの生命保険を徹底解説します。

記事後半部分では、おすすめの保険会社や無料相談窓口を紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

40代の男性が生命保険に加入する必要性

40代の男性が生命保険に加入する必要性は、非常に高く、低額の生命保険に加入するだけでも、多く不安や悩みを解消してくれます。

  • マンションや一戸建てなどの住宅ローンが残っている
  • 大学受験といった子どもの養育費用
  • 病気やケガ、がんなど、健康面の心配
  • 老後の資金準備

など、既婚者で子持ちの40代以上の世代は、大きなお金を必要とする場面が多く存在します。

独身の男性の方でも、将来への健康のリスクや不安は、誰しもが抱えます。

例えば、40代の保険加入率は男性90%・女性89%と、非常に高水準。(生命保険文化センターの調査(令和元年度「生活保障に関する調査」)より)。

将来の心配のみならず、収入が高く、貯蓄額が多い世代になるので、多くの40代が保険に加入しています。

なので、独身・既婚かかわらず、40代の男性は積極的な生命保険の加入がおすすめ。

40代・男性の特有のリスク

40代の男性には、ケガや病気の面で特有のリスクが存在します。

厚生労働省の平成29年人口動態統計から、入院理由と死因のデータを参考に、特有のリスクを再確認しましょう。

入院理由(男性・女性)
1位精神及び行動の傷害
2位損傷、中毒及びその他の外因の影響
3位循環器系の疾患
死因(男性)
1位悪性新生物<腫瘍>
2位自殺
3位心疾患

40代男性の入院理由トップは、ケガと精神的なストレスです。

精神的なストレスは30代の男性と比較すると、2倍近く増加するので、ストレスの溜めすぎには注意しましょう。

対して、死亡理由のトップはがんです。がんによる死亡は、30代では2位なので、40代よりがんへの対策が必要になります。

また、生活習慣病や脳血管疾患などの死亡も存在するので、運動や食事にも気を付けましょう。

40代の男性におすすめの生命保険3選

生命保険は種類が多く、生活の状況によって最適な保険が分かれるので、選択に迷いますよね。

さまざまな生活状況や人生設計を踏まえて、多くの40代の男性に適した生命保険を紹介するので、ぜひご参考にしてください。

死亡保険

40代の男性に非常におすすめの生命保険は、死亡保険です。

特に、家庭を持つ男性は、自分が死亡した際に、残された家族を考える必要があるためです。

死亡保険には、掛け捨て型の定期保険と、契約期間がない終身保険の2種類が存在します。

資産形成のメリットをもつ貯蓄型の終身保険が、家庭を持つ男性にはおすすめ。

しかし、がん保険や医療保険などの加入を考慮すると、保険料の割安のためにも、低額の定期保険の加入も適しています。

がん保険

40代はがん保険も重要視しましょう。がんの発症率は若いうちは女性が多いですが、50代~60代の男性の場合、急上昇するためです(国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ))の統計より)。

40代のがん保険の加入率は約53%と非常に高く、多くの40代が10年~20年後に発症する可能性のあるがんに備えている様子がうかがえます(生命保険文化センターの調査(令和元年度「生活保障に関する調査」))。

なかでも、男性が特にがんを発症しやすい器官は、胃・大腸・肝臓などの消化器系です。

がんの治療費は平均で約20万円の自己負担をしなければなりません。将来他の目にも、がん保険加入の検討をしましょう。

医療保険

働き盛りの40代は、医療保険も非常に大切。

けがや病気で働けなくなった際に、パートナーや子どもの生活を守り、身内の精神的なストレスを少しでも軽減させるためです。

例えば、医療保険の一種である入院給付金の場合、1日の入院費用の大半をカバーできる、5,000円~10,000円の保証金を入院している期間に受けられます。

他にも、働けなくなった際の収入の一部を保証する就業不能保険や、手術費用の一部を保証する手術給付金などがあります。

また、公的医療保険(条件を満たせば誰でも利用できる公的な制度)もありますが、通院の交通費や収入の保証などは、保証の対象外です。

公的医療制度の範囲外~どこまで保証してほしいのかを決めてから、医療保険を選択するのがおすすめです。

【独身・既婚・子持ち・共働き】ライフスタイル別の生命保険の選び方

40代の男性におすすめの生命保険を紹介しましたが、ライフスタイルによって、より最適な生命保険が決まります。

主に4つのライフスタイルに分けて解説したので、ぜひご参考にしてください。

独身の場合

独身の男性におすすめな生命保険は下記の4種類です。

  • 医療保険
  • がん保険
  • 就業不能保険
  • 死亡保険(貯蓄型の終身保険)

40代の男性は、ストレスや生活習慣病などによる入院やがんによる死亡が、非常に多い世代です。

そのため、医療保険やがん保険で、手厚い保証を受けられる準備しましょう。

また、ケガや病気で働けなくなった際の対策も必要です。

就業不能保険を利用して、治療費や生活費に充てられる保険金は、非常に頼もしい存在です。

死亡保険のなかでも、貯蓄型の終身保険は保険料の支出も抑えられるうえ、資産形成の側面があります。

今後の人生設計を考慮しながら、適切な生命保険を選択しましょう。

既婚者の場合

既婚者の男性におすすめな生命保険は下記の4種類です。

  • 医療保険
  • がん保険
  • 就業不能保険
  • 死亡保険(貯蓄型の終身保険)

既婚者の場合、老後の資金とパートナーの人生を基準に、生命保険を選択しましょう。

老後の資金を優先する場合、貯蓄型の生命保険がおすすめです。

パートナーの人生を優先した場合、自分が働けなくなったor死亡したときの事態を想定する必要があります。

保険金を給料のように定額でもらえ収入保障保険や、介護保険・医療保険なども選択肢に入れるようにしましょう。

子どもがいる場合

子どもがいる男性におすすめな保険は下記の3種類です。

  • 死亡保険
  • 収入保障保険or収入保障保険
  • 学資保険(進学といった子どものライフイベントでもらえる保険金)

ローンや子どもの大学費用など、経済的な負担が大きい40代の男性は、死亡保険の加入を最初に考えましょう。

子どもやパートナーに、経済的な負担をかけさせないためです。

また、40代から死亡保険へ加入する場合、過不足のない料金設定がポイント。死亡保険金の必要額は、子どもの年齢によって異なるためです。

40代の夫婦の子どもは、中学生~高校生の年齢が多く、法律的・経済的自立ができる成人になるまで、10年もかかりません。

なので、月々の保険料を考慮すると、死亡保険は適切な保険料の選択が必要になります。

共働きの場合

共働きの家庭は、子どもがいるかいないかによって、必要な保険が異なります。

  • 子持ちの場合:死亡保険や収入保障保険など
  • 子どもがいない場合:死亡保険や医療保険、介護保険など

子どもがいない共働き家庭は、死亡保険に加入する際、収入の大きさを考える必要があります。

夫と妻のうち、収入が大きい方が死亡保険に加入すると、保険金が増額するためです。

どちらかに保険を掛けることによって、保険料の節約のみならず、子どもや将来のためにもなりますね。

対して、子どもがいない共働き家庭は、パートナーをメインに考える必要があります。

老後に備えた介護保険や、医療保険など、万が一の事態でパートナーの精神的・経済的な負担をなるべくかけないような、保険選びが大切です。

40代男性の保険料・加入率・保険金・入院給付金額

保険に加入する際、同性代の保険状況がとても気になりますよね。

今回は、保険料・加入率・保険金・入院給付金の4つの観点から、平均値を紹介します。

ご自身の保険選びにぜひ、役立ててください。

保険の平均加入率

40代男性の保険の平均加入率は、約88%です(公益財団法人 生命保険文化センターの「平成28年度 生活保障に関する調査」より)。

対して、40代女性の平均加入率は、約87%。10人のうち、8人以上が何かしらの保険に加入している計算ですね。

40代の加入率は、男性女性かかわらず、非常に高水準です。

加入する理由は、「老後が心配」「がんといった大病やけがに備えたい」など、将来への備えを十分にしたいといった理由が多い傾向があります。

保険料の相場

40代男性の保険料の相場は、年間約26万円・月々約21,420円です。

対して、40代女性の保険料の相場は、年間は約18万円・月々は約14,920円。30代の男女と比較すると、月々約5,000円上昇しています。

加入率の増加の原因は、若い世代よりも大きな経済力と、将来への心配の増加などの理由が挙げられます。

また、40代の夫婦が保険に加入すると、両者の平均保険料を合算した金額、約36,340円になります。

ただし、保険料は、希望する保証範囲や生活状況によって異なるため、あくまで参考程度にしましょう。

平均保険金と入院給付金額

40代男性の平均の保険金額と、入院給付金額は下記の通りです(生命保険文化センター 「平成28年度 生活保障に関する調査」より)。

死亡保険:約2,396万円

入院給付金:約10,900円

一般的に、男性は家庭の経済を支える大きな役割を果たしているので、死亡保険金額は高い傾向にあります。

ケガや病気で入院する際、もらえる入院給付金は約1万円なので、1日の入院費用の大半をカバーできるのは心強いですね。

対して、40代の女性は、死亡保険が約849万円・入院給付金が約9,000円です。

緊急事態の保険の存在は非常に頼もしいですが、保険金や家庭の支出入、希望する保証範囲などを考慮しながら、保険の選択をしましょう。

40代の男性におすすめの生命保険4選

40代の男性におすすめな生命保険の商品を4種類紹介します。いずれも多くの方が利用し、高い人気を誇ります。

ライフネット生命・定期死亡保険

ライフネット生命の定期死亡保険の魅力は、オンライン対応と、圧倒的な低額保険料です。

例えば、40代男性の場合、1,000万円の死亡保険金を受け取るには、月々1,925円の保険料で済みます。

また、保険金を1億円まで設定できる制度や、健康診断書不要などの面から、生命保険初心者におすすめな保険です。

アクサダイレクト生命・がん終身型

アクサダイレクト生命のがん保険は、価格.comの保険アワードで1位を獲得したほど、利用者から高い人気を誇る保険です。

がんと診断された場合にもらえる50万円の保険金や、がん治療のために入院した場合は5,000円の保険金を毎日貰えるなどの、豊富なサポート体制を完備。

がんの種類やステージかかわらず、充実した保証をうけられます。

オプションも種類が豊富なので、必要な保証を自ら取捨選択したい40代にはおすすめのがん保険です。

オリックス生命保険・医療CURE(キュア)

オリックス生命保険の医療キュアは、テレビCMでも目にする機会が多いですよね。

大きなポイントは、保証の手厚さです。七大生活習慣病の保証はもちろん、約1,000種類の手術費用を保証する制度を導入しています。

先進医療を受けた際は、2,000万円の保険金のみならず、一時金ももらえるので、万が一の事態には心強い医療保険です。

独身や既婚などの生活状況を超えて、40代におすすめな医療保険です。

SOMPOひまわり生命・じぶんと家族のお守り

SOMPOひまわり生命の収入保障保険は、保証内容が非常に充実した保険です。

5年ごとに保険料が減額する仕組みを導入しているので、加入期間が長いほど、保険料がお得になります。

また、喫煙状況や健康状態によって、保険料が安くなるのも大きな魅力です。

働き盛りの40代が安心して働き続けるためにも、おすすめなのが、収入保障保険です。

【相談無料】おすすめ保険相談窓口・3選

直接保険会社へ相談・資料請求は緊張しますよね。

なので、おすすめの保険相談窓口を3つ紹介します。

担当スタッフが丁寧なヒアリングで、あなたにぴったりの保険を提示してくれます。

担当スタッフの指名もできるので、「同じ40代の男の人がいいな」といった要望も叶うかもしれません。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶは取扱保険会社30社以上を誇る相談窓口です。

2017~2019年の間に、子育て世代からの相談件数は5,000件を超え、累計申込者数は15万件を達成。子育て世代に特化しているので、家庭を持つ方が多い40代にとっては、非常に役立ちますね。

担当スタッフ全員がファイナンシャルプランナー(保険やお金などを熟知するプロ)の資格を保有しています。

また、オンライン相談も可能なので、利用しやすいですよね。生命保険に迷う方に利用してほしい相談窓口です。

ほけんのぜんぶの口コミ・評判とは?支持される特徴とメリットも解説

ほけんのぜんぶ公式サイト

ほけんの窓口

ほけんの窓口

ほけんの窓口は10万件の取引実績を誇り、約40社の保険会社を扱う無料相談窓口です。

相談は何度でも無料なうえ、担当スタッフの丁寧な対応が非常に人気。

「納得のできるプランに出会えた」「保険初心者でもわかりやすかった」など、高評価な口コミが多いのが特徴です。保険を見直したい方にもおすすめの相談窓口です。
ほけんの窓口の実際の口コミ・評判から見えるメリットデメリットを紹介!

公式サイトはこちら

保険市場

保険市場

保険市場は東証一部上場企業で、老舗の相談窓口。取引保険会社数は業界最大90社を誇ります。

取引実績は55万件を超え、利用者の97.9%が満足したと回答しています。

店舗は全国展開していますが、オンライン相談にも対応。コロナ禍でも安心して利用できます。

人気のスタッフを指名できる制度もあるので、安心して保険の相談ができますね。

保険市場の口コミ&評判を分析!利用するメリット・デメリットを徹底解説!

公式サイトはこちら

40代の男性は今後の人生設計を考えながら、適切な保険選択!

40代の男性に向けて、保険の選び方や考える必要のあるリスクを解説しましたが、いかがでしょうか。

40代の男性は自分のみならず、パートナーや子どもなど、家族の人生をあらゆる方面から考えて、保険を選択する必要があります。

ご自身の生活状況やお金の面から、適切な生命保険を選択してください。

当サイトがおすすめする保険相談窓口3選