新車購入時に自動車保険を切り替えるタイミングは納車前!車両入替の手続きを解説

現在乗っている車を新車に変えるときは、ワクワクして納車日が待ち遠しい気持ちになりますよね。

しかし新車購入にあたっては車両本体だけはなく、自動車保険の契約内容も変更する必要があります。

自動車保険は車に対して保険をかけているので、対象である車が新車に変わったことを申告しておかないと事故時にトラブルになりかねません。

でもどんなタイミングで保険を切り替えたらいいかわからない!なんて方も多いはず。

今回は新車購入時に自動車保険を切り替えるタイミングと、手続きの流れを解説します。

新車購入時には車両入替を行い自動車保険を切り替える必要がある

新車を自動車販売店で購様々な手続きをするため、自動車保険の手続きは意外と忘れがちです。

しかし新車購入時には加入している保険会社に連絡をして、車両入れ替えを行う必要があります。

自動車保険に加入する際には、加入する車両のナンバー、車種、使用目的などを全て申告する必要がありますよね。

車両のナンバー、使用目的などは、自動車保険の保険料を決めるための必要な条件でもありますので、必ず変更した際には告知が必要になります。

変更した内容を自動車保険にちゃんと申告しておかないと、自動車保険の保険を活用して修理を行う際に、保険金がおりない可能性があります。

保険会社としては申告されている内容通りに、保険金を支払う義務があるので、保険金支払いの調査の際に登録している車と実際に使用している車が異なると、支払い対象として認めてくれないのです。

そのため新車であろうともきちんと事前に車両入れ替えを申告して、保険会社に車が変わった旨を伝えることが重要なのです

新車購入時に保険を切り替えるタイミングは納車前がベスト

「でも新車購入時に処理を入替を行う」といっても、どのタイミングでやればいいのか分からないという方もいるでしょう。

新車購入時に保険会社で申告して車両入れ替えを行うには、新車が納車される前に手続きを進めてしまうのがベストです。

理由は以下で解説します。

納車日と切替日を合わせればそのまま乗って帰れる

自動車保険会社に車両入替を申告しても、申告したその日に切り替えを行われるわけではありません。

手続き日と切り替え日は別に設定できるので、すでに納車日が分かっているのであれば納車日と切り替え日を合わせるように申告しましょう。

納車日と切り替え日を合わせておけば、車を受け取った後にそのまま乗って帰っても補償が適用されます。

逆に切り替えを納車日よりあとに設定してしまうと、その日までの期間は無保険期間となり保険会社からの補償を受けられません。

納車後30日以内なら車両入替の手続きを行える

自動車保険の切り替えを行おうと思っていても納車日までに間に合わないという方も中にはいるかもしれません

車両入替の期日は納車後30日以内に設定されているので、時間が合わない人でも時間に余裕を持って手続きできます。

ただし上述したように車両入れ替えを行っていない期間に関しては、保険の適用が受けられませんので、運転をしないあるいは安全運転を心がける必要があります。

車両入替を行うことで等級も維持できる

新車を購入して新規で自動車保険に加入すると、等級が6以上であってもリセットされてしまいます。

「手続きが面倒くさいから新規加入でいいや」と思っている方もいらっしゃるでしょうが、自動車保険における等級の高さは保険料の割引率の高さと直結します。

車両入れ替えを行うことで、契約における等級も維持できますので、新車購入後に大きく保険料が変わることはありません。

新車購入時に車両入替を行う際の3つの注意点

ただし新車購入時に車両入れ替えを行うとしても、いいことばかりではありません。

新車購入時に車両を入れ替えを行う際は、以下3つの注意点を把握しておきましょう。

  • 入れ替えのタイミングで車を手放す必要がある
  • 手続きを事前に行わないと新車に保険が適用されない
  • 事前にディーラーから車検証を受け取る必要がある

以下で詳しく解説していきます。

入れ替えのタイミングで車を手放す必要がある

自動車保険で車両入れ替えを行うためには、以前乗っていた車を手放さなければなりません。

そのため新車を購入するにあたって、前の車をそのまま所有しておきたいという方は車両入れ替えを行うことはできません。

以前乗っていた車を、友人や別居にしている子供などに引き渡す際も、同様に車両入れ替えの対象として認められません。

もしも以前乗っていた車をそのまま利用したい場合あるいは、友人が別居してる子供などに引き渡したい場合には、セカンドカー割引を利用してみてはいかがでしょうか。

セカンドカー割引を利用するには1台目の車が11等級以上など、いくつかの条件が付与されていますが、新規で自動車保険に加入するよりも1等級上の7等級から補償を開始できます。

手続きを事前に行わないと新車に保険が適用されない

冒頭でも紹介した通り、車両入れ替えの手続きを事前に行わないと新車に保険は適用されません。

普段自家用車として通勤や買い物に利用しないのであれば、事故に遭う可能性は低いです。

ただし事故が起きるのは自分だけの過失だけではなく、もらい事故や相手からの衝突事故など自分の過失ではないこともあります。

万が一自分の過失以外の事故に見舞われても、対応できるように事前に車両入れ替えを行っておきましょう。

特約によっては車両入替を行う前でも、特約の内容に沿って保険が適用されることもあります。

事前にディーラーから車検証を受け取る必要がある

車両入れ替えを行うには、新車の車検証をディーラーから受け取る必要があります。

手続きの際に車検証を提出しなければならないので、前もって自動車保険の車両入れ替えを行うことを伝えておくとスムーズでしょう。

ただし車検証がすぐに用意できない場合また手続きに間に合わない場合には、車のナンバーや車台番号など新しい車に関連する情報を持っていれば対応してもらえることもあります。

手続きに不安を感じている方は、保険会社に連絡してみることをおすすめします。

新車購入時に自動車保険で車両入替を行う手続きの流れ

これまで既に古い車から新車に切り替えた事がある方は、車両入れ替え手続きも慣れているでしょうが、初めて入れ替えを行う方はどんな流れ手続きを進めていくのかわかりませんよね。

新車購入時に車両入れ替えを行う流れは、以下の通りです。

  1. 必要な書類を用意する
  2. 現在乗っている車の積算距離計の数値を把握しておく
  3. 保険会社に車両入替の手続き申請を行う
  4. 保険料の差額精算を行う

以下で詳しく解説していきます。

必要な書類を用意する

車両入替を行うには、以下2つの書類を揃える必要があります。

  1. 新車の車検証
  2. 支払いに使用する通帳またはクレジットカード

支払いに使用する通帳またはクレジットカードは、新車の車種や利用目的に応じて保険料を算定した後に、保険料の金額がの支払いあるいは保険料が減額される場合の払い戻しの口座として利用されます。

現在乗っている車の積算距離計の数値を把握しておく

新車購入前に乗っていた車の積算距離計の数値を、事前に把握してメモしておきましょう。

自動車保険会社に車両入替を申し出る際は、車の走行距離をそのまま引き継ぐ必要があります。

ガソリンを入れる際に数値を消去できる距離計とは異なり、積算距離計は車に乗り始めてから今までの通算の距離を表していますので、数値を改ざんすることはできません。

車を中古車として売りに出したり、にする予定がある方は、積算距離計を事前にメモしておかないと、後で数値を記入できなくなってしまいますので注意してください。

また新車の数値も申告する必要がありますので、販売店側に問い合わせてみましょう。

自動車保険で新車で加入するとき走行距離はいつの数値を入力すべきなの?

保険会社に車両入替の手続き申請を行う

手続きに必要な準備が整ったら、保険会社に手続き申請を行いましょう。

保険会社に電話をすれば手続きが完了することもありますが、ウェブサイト上で契約手続きを管理できる場合は、インターネット上から数値を入力するだけで手続きを進められます。

揃えた書類の数値通りに記入しないと、切り替えを完了させられないので、注意が必要です。

保険料の差額精算を行う

手続きが完了すると、保険料の差額精算を行います。

申請した内容に応じて、保険会社側で旧契約の保険料と、どれだけの差があるのかを示してくれます。

登録したクレジットカード払いは銀行口座で取引を行いますので、差額を振り込む場合は期日をしっかり守りましょう。

保険料の差額精算を行わないと、入替を完了できないので車検証をもらってから、30日間の猶予があるとしても余裕を持って手続きを進めたほうが良いでしょう。

新車購入時の車両入替のタイミングで保険を見直してみよう

車両入れ替えの際に同じタイミングで、保険の保障内容の見直しも対応できます。

実は保険会社が提供している等級は、車種によっては適用できないものもあるため、新車購入時で車の種類が変わる時に同時に手続きを済ませられます。

保険を見直すことで不必要な保障を見つけられます。

冒頭でも紹介したように不必要な保障が付いていると、そのぶん保険料を多く請求されてしまいますので、経済的ではありませんよね。

せっかく契約内容を変更するタイミングですから、同じ時期に済ませてしまった方が良いでしょう。

保障内容の見直しで迷った場合は、お近くの保険相談窓口を利用してみるとアドバイスを受けられます。

新車購入時には事前に手続きを済ませて等級を維持しよう

いかがでしたか?

新車購入時には契約書類の手続きが煩雑しているため、自動車保険のことを忘れている方も多いでしょう。

しかし事前に車両入替の手続きを済ませておかないと、せっかく加入している自動車保険の補償を受けられません。

納車日がわかっており車検証が手元にあれば、事前に手続きを済ませられます。

等級を維持するためにも早め早めに手続きをして、「あの時やっておけば…」と後悔しないように手を打ちましょう。音声入力