うつ病は生命保険に入れない?理由とばれた時のリスクを徹底解説

うつ病は生命保険に入れない?理由とばれた時のリスクを徹底解説

生命保険に加入する前には必ず病名について告知する義務があります。

生命保険会社に対して告知義務のある病名の中には、「うつ病」が必ずと言っていいほど含まれています。

そのため残念ながら、うつ病にかかっている方は生命保険に入れないことがほとんどなんです。

ですががんや心臓病のような疾患ではないのに、なぜ加入できないのか疑問に思う方もいますよね。

そこで今回は、うつ病にかかっている人が生命保険に入れない理由から、隠して加入してばれた際のリスクについて徹底解説していきます。

5分程度で読み終わる内容にまとめてありますので、気軽に読んでみてくださいね!

うつ病にかかると生命保険に入れないは事実!

冒頭でもお話した通り、うつ病にかかっている人は生命保険に加入することができません。

厳密にいえば、「心療内科」や「精神科」などの精神疾患を治療する科目に受診歴があると、加入できない決まりになっています。

ストレス社会の現代では、誰しもがかかる可能性のある精神疾患ですが、生命保険の加入審査の際に厳しい目を向けられてしまうのです。

過去5年以内に一度でも受診歴があってもNG

「じゃあ頻繁に通院していなければいいんじゃないの?」と考えた方もいるかもしれません。

しかし生命保険の加入審査を受ける際には、過去5年以内に通院歴のある病気について申告しなければなりませんから、たった一度の通院でも加入できない恐れがあるのです。

一度行ったきりでも完治している証明が無ければ、現在も通院中とみなされてしまいます。

他の保険やローンにも入れない

うつ病などの精神疾患で心療内科や精神科に受診歴があると加入できなくなるのは、生命保険だけではありません。

医療保険などの他の保険や住宅ローンにも入れません。

生命保険と同様に、加入審査の際に特定の病気について申告しなければなりません。

申告する病名の中に、生命保険同様に「うつ病」が含まれているのです。

こちらも完治してから年数がたっていないと加入できないので、注意が必要です。

うつ病で心療内科の通院歴があると生命保険に入れない3つの理由

では何故、うつ病等で心療内科の通院歴があると生命保険に入れないのか疑問に思う方もいるでしょう。

理由としては以下の3つが挙げられます。

  • 健康状態に問題があると見なされる
  • 自殺するリスクがある
  • 他の病気にかかるリスクがある

以下で詳しく解説します。

健康状態に問題があると見なされる

心療内科や精神科で治療を行ううつ病などの精神疾患は、がんなどと同様に健康に害のある病気としてみなされます。

そのため生命保険側としては健康状態に問題があると見なさざるを得ないのです。

さらにうつ病は投薬治療で脳の働きを促進し治療を行いますが、発症する仕組みを完全に解明できておらず、数値で診断できる病気ではありません。

早く完治できる場合もあれば、長期で闘病しなければいけない場合も存在するのです。

このようにうつ病などの精神疾患は、先行きが不透明な病気であるため、保険会社はリスクを避けるために加入を断るのです。

自殺するリスクがある

うつ病などの精神疾患が進行すると、健康な方と比べて自殺や自傷行為に走る確率がグンと上がるため、リスクを避けるために保険会社は加入を断ります。

保険会社は加入者が自殺した際には、保険金を支払う必要が無いと保険法51条で定められていますが、免責期間を過ぎると支払い義務が生じることがあります。

免責期間とは、保険契約後一定期間はいかなる場合でも死亡保険金などの給付金を支払わないとする期間のことです。

これは保険加入後に、保険金目的でわざと入院したり死亡させたりするのを防ぐ目的があります。

一般的に生命保険における自殺免責期間は、契約後あるいは契約復活の日から1~3年程度といわれています。

この時期を過ぎてから加入者に自殺されてしまうと、保険会社は保険金を支払わなくてはなりません。

うつ病などの精神疾患を抱えている人は、自殺のリスクが健康な人よりも高いため、いつ自殺してしまうかが不安定な状態としてみなされてしまうのです。

場合によっては、生命保険に加入後免責期間が過ぎてから自殺する可能性も…。

保険会社的には、できるだけ保険金を支払うリスクを避けたいですから、加入を断ろうとします。

他の病気にかかるリスクがある

実はうつ病などの精神疾患を抱えている人は、通常よりも他の病気に感染するリスクが高いのです。

外部との接触を避けて外に出なかったり、食事をとれなくなったりと体が弱りやすくなるので、感染症などの病気にかかることがあるのです。

またストレスに敏感になっていることも多いので、ストレス性の胃炎や胃潰瘍などの病気にかかる可能性もあります。

ストレスによる病気は、今後重大な疾患につながる恐れもありますよね。

生命保険会社にとって病気にかかりやすい人は、ハイリスクでしかないので事前に加入を断るのです。

うつ病を隠すのはNG!告知内容の嘘がばれた時のリスクとは

「じゃあ加入するときにうつ病とかの精神疾患を隠せばいいじゃん!」
「心療内科や精神科の受診歴が無いって申告すればいい!」

と考えた方、隠したり嘘をつくのは確実にばれますのでやめましょう。

以下では、生命保険会社に嘘をついてばれるときに生じるリスクについて解説します。

告知義務違反と認定される

生命保険に加入する際に告知(伝える)するときに、うつ病などの精神疾患や心療内科等への通院歴を隠して嘘をつくと、告知義務違反と認定されます。

保険会社と加入者は信頼関係をもとに契約していますから、隠している告知内容やウソがばれて、告知義務違反と判断された場合は、それ相応の罰則が設けられます。

隠していた・嘘の内容や保険会社の判断にもよりますが、保障内容内であっても保険金が支払われないこともありますし、最悪強制的に契約を解除されることだってあるんです。

契約を解除されると同じ保険会社で再加入することは難しくなってしまいます。

嘘の申告をすることは、確実にばれる行為ですし、リスクが高いので絶対にやめましょう。

うつ病がばれるタイミングは保険金の支払い審査のとき

うつ病を隠して生命保険に加入しようとすると、いつばれるのか気になる方もいるでしょう。

実は生命保険に加入する際には、病院に受診歴を確認するなどの厳しい審査は行われません。

簡単に言ってしまえば、うつ病でも隠していれば加入できることもあるんです。

しかし、加入後にばれるタイミングが必ずあります。

それは、保険金が支払われるときです。

生命保険では、加入者が保険金が支払われる条件を満たした際に、過去の経歴を調べて何か不正がないかを確認するのが決まりです。

もちろん保険会社は出来るだけ保険金を出したくありませんから、加入時よりも綿密に調査を行います。

保険証の記録や受診歴等を確認するため、うつ病などの精神疾患で心療内科の受診歴があることは一発でわかるんです。

もちろん記録を調べる際には本人の同意が必要なため、拒否することもできますが拒否した場合怪しまれるのは言うまでもないでしょう。

履歴は嘘をつきませんから、いくら加入時に申告しなくてもばれることは明白ですよね。

嘘をついて加入して保険金審査でばれると、ただ保険料を支払っただけで損にもなります。

うつ病を抱える人が生命保険に入るための2つの方法

ここまでうつ病などの精神疾患を抱えている人は、生命保険に加入できないとお伝えしてきましたが、いくつかの条件をクリアすれば加入できる生命保険があるんです。

その方法とは以下の2つです。

  • 治療終了から5年経ってから申請する
  • 告知審査がやさしい保険に加入申請する

以下で詳しく解説します。

治療終了から5年経ってから申請する

最初にもお伝えしましたが、生命保険に加入する際に申告する病名は「5年以内」にかかったものだけです。

そのため、もしうつ病などにかかっていた経験があったとしても、治療が終了して完治して5年以上経過していれば告知義務がないのです。

そのため治療が終了し、5年以上が経過してから加入申請すれば、告知義務違反で契約解除される心配もないのです。

完治証明が無ければNG

治療が終了して5年経過すれば生命保険に加入することができますが、病院からの完治証明が必要になります。

そのため、途中で自己判断で通院を辞めてしまった場合や、完治していない状態から5年以上経過しているような場合は告知義務違反に該当する恐れがあります。

告知審査がやさしい保険に加入申請する

全ての生命保険の告知審査が厳しいというわけではありません。

中にはうつ病でも加入できるような、告知審査がやさしい保険も存在するのです。

もしも現在治療中で生命保険に加入したいと考えている人は、以下の保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

告知内容が少ない!引受基準緩和型

引受基準緩和型の生命保険は告知内容の項目が少ない保険です。

そのためうつ病の方でも加入しやすいことがほとんどです。

加入後にかかった疾患への保障の他にも、加入前から患っている疾患も保障してもらえます。

しかし告知事項が少ない分、通常の生命保険よりも保険料が高く設定されていたり、一定期間補償額が限定されたりします。

告知義務がない!無選択型

無選択型の生命保険は、病名の告知が必要ない保険です。

そのため、どんな病気を患っていても入れます。

しかし加入後一定期間補償を受けられない、保険料が高いなどの制限が設けられています。

また定期型の保険しか選択できないため、終身保険に加入したい方には向かないというデメリットもあります。

入るハードルが低い分、提示される条件が厳しいことは理解しておく必要があるのです。

生命保険加入後にうつ病と発覚した場合は加入継続できる

仕事や生活のストレスで、生命保険に加入中にうつ病になってしまう方もいるでしょう。

その場合、告知義務違反にならないか不安になる方もいるかと思います。

安心してください。加入後にうつ病と判明しても告知義務違反にはならず、保険金の支払い対象になります。

あくまで加入時に、病気の有無や病名を偽っていたかどうかが重要ですので、加入後にかかってしまったとしても心配する必要はありません。

もちろん加入後にかかった病気ですので、うつ病での入院も保障対象になります。

しかし入院ではなく通院での治療を選択すると、保険金が支払われないことがほとんどです。

うつ病でも生命保険では病名は正直に告知しよう

いかがでしたか?

ストレス社会がもたらす現代病の一つであるうつ病は、残念ながら生命保険に加入できない病気の一つとしてカウントされてしまっています。

しかしうつ病でも生命保険に加入する方法は存在します。

全く加入できないというわけではありませんから、安心してくださいね。

もしうつ病であることを隠して加入したとしても、保険金の支払い審査の際にばれることになりますので絶対にやめましょう。

保険金が支払われないどころか、保険を解約させられることにもなりかねません。

生命保険は信頼関係の上に成り立つ契約ですので、うつ病であったとしても嘘偽りなく告知するようにしましょうね!