生命保険の支払いを滞納!住宅ローン審査に影響はある?

生命保険 滞納 住宅ローン

生命保険は生計を立てている家族にもしものことがあった場合に、生活費を維持するために加入する保険です。

しかし景気が悪くなり収入状況が悪化した場合など、家計状況が一変すると保険料支払いが難しくなり滞納してしまうこともあるかもしれません。

また家計急変といかなくともただ単に支払いを忘れていたなんてこともありますよね。

生命保険料の支払いの滞納経験がある方の中には、将来のことを考えて住宅ローンを組んで家を購入しようと検討されている方もいるかもしれません。

しかし滞納経験があると審査で落とされないか不安になってしまう方もいますよね。

そこで今回は生命保険の支払いを滞納した経験がある方向けに、住宅ローン審査に影響があるのかを解説していきます。

生命保険の支払いを滞納しても住宅ローン審査に影響はない

結論からいって、生命保険の支払いを滞納しても住宅ローン審査に影響はありませんので安心してください。

根拠は以下の2つです。

  • 個人信用情報機関に掲載されるのは「借りたお金」の情報だけ
  • 住宅ローンは返せることが前提だから

以下で詳しく解説していきます。

個人信用情報機関に掲載されるのは「借りたお金」の情報だけ

住宅ローン審査の際には、銀行は借主にこれまで滞納経験がないか、個人信用情報機関の登録内容を確認します。

個人信用情報機関に掲載されるのは、クレジットカード支払いや銀行からの融資、金融機関からの借り入れの返済、つまり「借りたお金」を滞納した時にのみ登録されることになります。

生命保険は料金を支払っているだけにすぎませんので、保険会社から料金を請求されるだけで金銭を借り入れているわけではありません。

生命保険料を滞納しているだけでは信用情報に傷はつきませんので、住宅ローン審査に影響はないのです。

住宅ローンは返すことが前提だから

住宅ローンは銀行からの借り入れですので保険に加入しているか否かは関係ありません。

本人に支払い能力があるかどうかが前提ですので、積み立ての要素が強い生命保険の保険料支払いが滞っているかは確認されません。

購入する家の金額や申し込みをした家庭の収入状況の方が重視されますので、安心してください。

生命保険料をクレカ払いにしていると住宅ローン審査に影響する

生命保険料の支払いでポイントを得るために、クレジットカードを活用している方も中にはいますよね。

実は保険料支払いをクレカ払いに指定している状態で滞納してしまうと、住宅ローン審査に影響してしまうんです。

クレカ払いは一度クレジットカード会社が立て替えてくれているので、料金を一時的に借りている状態に当てはまります。

冒頭でも紹介したように、借り入れを滞納した場合には信用情報に傷がついてしまいます。

滞納しそうで住宅ローン審査に不安がある場合は、保険料支払い方法を確認してみてください。

生命保険の滞納を続けていると解約される

生命保険の滞納を続けていても住宅ローンの審査には影響がありませんが、契約継続には大きな影響を及ぼします。

1か月程度滞納しているだけであれば注意だけで済みますが、2か月以降になると保険の保障が失効したり数か月にわたると保険会社側から保険を解約されてしまいます。

終身保険に加入している場合は解約返戻金が発生するものの、再契約を希望しても年齢や病歴によっては加入を認められないこともあります。

もし生命保険を滞納した時に契約を維持したいのであれば、以下の記事で対処法を紹介していますので参考にしてくださいね。

生命保険で滞納した時どうする?滞納対策やブラックリスト入りの疑問について解説

生命保険料よりも住宅ローン返済額が高いので滞納リスクが上がる

生命保険を滞納していても住宅ローンの審査には通りますが、保険料の支払い能力が家庭にない以上ローン返済を続けていくのは現実的ではありません。

生命保険は月々平均で3万円ですが、住宅ローンの返済額は平均で6万円程度と単純計算でも2倍の金額を支払うことになるんです。

住宅ローンの返済が滞ってしまうと延滞金が発生したり、数か月以上続くと差し押さえ措置を取られることも。

生命保険の保険料支払いが安定的にできない以上、住宅ローンを組むのは避けましょう。

注意!住宅ローンを滞納すると団体信用生命保険が解除になることも

「生命保険を解除になっても団体信用生命保険があるから安心」と考えていても、住宅ローンの支払いが追い付かずに滞納してしまうと、団信の保障が消滅してしまうことも。

住宅ローンの返済を3か月以上滞納すると、金融機関が代位弁済の処置をとります。

代位弁済が行われてしまうと保証会社が借り入れている債務者の代わりに、金融機関に返済を肩代わりします。

みなさんの住宅ローンの返済対象が金融機関から保証会社に移行することで、団体信用生命保険の保険が無効化されてしまうんでっす。

そのため借主が死亡した場合でも住宅ローン返済は残りますので、残された家族に多大な迷惑がかかるのです。

生命保険の支払いを安定させてから住宅ローンを組もう

いかがでしたか?

生命保険料は家計の中でも負担割合が大きいですから、家計の急変時には支払いが滞ってしまうこともあるでしょう。

住宅購入を控えている場合、生命保険の保険料を滞納しただけでは信用情報に傷はつきませんので借り入れには支障はありません。

しかし生命保険料の支払いが滞っている家計状況で住宅ローンを契約してしまうと、保険料よりもさらに負担割合の大きいローン返済が滞ってしまうことも。

ローン返済の滞納が続くと、信用情報に傷がつくのはもちろんのこと、団体信用生命保険が適用されなくなったり、最悪差し押さえを受けることになります。

住宅ローンの借り入れを検討しているなら、まずは家計状況を安定させて生命保険料支払いが問題なくできるまで待つのが得策といえるでしょう。