生命保険の見直しの必要性と6つの注意点を徹底解説!

生命保険の見直しの必要性と6つの注意点を徹底解説!

「生命保険の保険料が高くて家計が大変…」
「将来が不安だから生命保険の保障を増やしておこう…」と考えているそこのあなた。

加入している保険の保障内容を変更したいのであれば、見直しを検討することをお勧めします。

ですが見直しをすることによって損をしてしまっては本末転倒。

そこで今回は生命保険の見直しの6つの注意点と、見直しをする必要性について徹底解説していきます。

生命保険を見直すべき3つの必要性

加入している生命保険は定期的に見直しをして、適切な保障内容に変更することが必要です。

以下で一つずつ解説していきます。

生命保険の保障内容は日々更新されている

生命保険会社は常に同じ内容の保険商品を発売しているわけではありません。

例えば昨今の健康志向の高まりに応じて、非喫煙者あるいは一定の血圧を維持しているなど健康状態が良好の場合に保険料が割り引かれる健康増進型保険も登場しています。

世間の動きに応じて保険の保障内容や保険料も移り変わっていくため、いつの間にか加入している保険の保障内容が時代遅れになっていることも…。

見直しをすることで自分の加入している保障の問題点を洗い出し、適切な保障へ切り替える足がかりにできます。

生活状況によって適切な保障は変わる

生命保険に加入した時と現在の生活状況が同じである人はいません。

生活水準が向上したり、あるいは転職を経験して前職よりも生活水準が下がっている人もいるかもしれません。

生命保険では基本保障に追加して保障と追加する特約を付加できますが、保障が手厚くなる分保険料も高くなります。

生活水準が加入時よりも下がってしまっている場合は、保障が手厚すぎて保険料を無駄に支払っている事もあります。

逆に生活水準が上がっているのにも関わらずに、必要最低限だけで十分な保障が用意されていないことだってあります。

見直しをすることによって、現在の生活に合った最適な保障に変更できる機会が生まれるのです。

加入時に不必要な保障がつけられていることも

若くして生命保険に加入している人の中には、会社で紹介されている保険にいわれるがまま加入して放置している人も多いです。

すべての保険に当てはまるわけではありませんが、中には必要以上に保障がつけられていて無駄に保険料を支払っていることも。

生命保険会社やFP業務など保険知識を活用する仕事についていなければ、保険知識を得ることもありませんから、無駄に気づけないこともしばしば。

見直しを依頼することで、気づかなかった無駄を洗い出す機会が生まれるんです。

生命保険を見直しする3つのパターンと見直し方法

では生命保険を見直そうとする人は、どんな目的で行動を起こすのでしょうか。

大きく分けて以下の3パターンに分けられます。

  • 支払いが厳しいので保険料の減額をしたい
  • 将来が不安なので保障内容を増やしたい
  • 保険料が支払えないので契約を見直したい

以下ではパターンごとに、どんな見直し方法があるのかについて解説していきます。

支払いが厳しいので保険料の減額をしたい

保険料が高く支払いが厳しい場合には、以下の見直し方法があります。

加入している保険を解約し新しい保険に加入する

付帯している特約を解約する

保険の保障限度額を下げる

この中でも特に手っ取り早く有効なのは、付帯している特約を解約する方法。

どの方法をとるにしても必要な保障まで削らないように、必要保障額を把握しておく必要があります。

将来が不安なので保障内容を増やしたい

将来に不安を感じて保障内容を増やしたいのであれば、以下の3つの方法があります。

現契約に追加して別の保険に加入する

追加で特約を付帯する

一度加入している保険を解約して保障の手厚い保険に加入しなおす

いずれも保障内容を追加することになるため、保険料が通常よりも多くなります。

特約や保障を追加しすぎると保険貧乏になる原因にもなりますので、注意が必要です。

保険料減額のときと同様に、今の生活に必要な保障額を把握したうえで無駄なく加入することが重要です。

保険料が支払えないので契約を見直したい

生活状況が急に悪化し、保険料が支払えない状況に落ち込んでしまった場合は以下の方法で保険を見直せます。

加入している保険を解約する

加入している保険の保険金を利用して保険料支払いを免除する

保険料が支払えない以上、保障を継続することはできませんから保険契約を解除して解約返戻金を受け取ることになります。

一方で少しでも保障を継続したい場合には、加入している保険を払い済み保険に移行して、現時点の保険金を利用して保険料支払いを免除することもできます。

しかし保障は継続できますが、契約者が死亡あるいは高度障害状態に陥った場合に受け取れる保険金は減額されます。

生命保険の見直しをするときの6つの注意点

上であげたように保険を目的に合わせて見直しをすることで、状況を好転させられるというメリットもありますが、同時に選択を間違えるとかえって損をすることもあります。

見直しで損をしないために注意すべき点は以下の6つです。

  • 解約返戻金の金額は保険料を下回っていないか
  • 保障内容を切り捨てすぎていないか
  • 予定利率の比較をする
  • 保険の切り替えは次の保険の加入が決まってから
  • 保険切り替え時の免責期間を把握しておく
  • 年齢によって保険の新規加入ができない可能性も

以下で詳しく解説していきます。

解約返戻金の金額は保険料を下回っていないか

生命保険の契約内容には掛け捨て型と積立型の2パターンがあります。

積立型は支払ってきた保険料によって解約返戻金が生じますが、返戻率によっては支払ってきた保険料よりも返戻金が少なくなってしまうことも。

保険料を減額するつもりがかえって損をしてしまったなんてことにならないためにも、保険切り替え時の解約でどれだけの金額が戻ってくるのかを確認しておきましょう。

保障内容を切り捨てすぎていないか

保険料を削減しようとするあまり、特約や保障を削りすぎてしまう人も中にはいます。

いざ保険金支払いのときになって「あれ?思ったより金額が少ない…」なんてことにもなりかねません。

将来どれだけの金額を残しておきたいかをライフプランをもとに計算してから、保障を外すようにしましょう。

予定利率の比較をする

他の会社が提供している保険に切り替える際には、今の契約と新規契約の保険金予定利率を比較しましょう。

実は生命保険は契約した時期が過去であればあるほど、予定利率が高く保険金を多く受け取ることができます。

新しい契約の保障内容に気を取られすぎて、予定利率が低い保険に加入しないように状況を把握しておく必要があります。

保険の切り替えは次の保険の加入が決まってから

「新しい保険に加入するから旧契約はもういらないよね!」と契約が成立する前に保険を解約してしまう人がいます。

生命保険は保険会社の審査もありますから、すぐ契約が成立するわけではありません。

先に保険を解約することで無保険期間が生じてしまうことになるため、期間内に死亡あるいは高度障害状態に陥ってしまった場合には保障が受けられずに、保険金を残せないことも。

気持ちが先走って慌てて保険を解約してしまうと、思わぬところで損をすることもありますので注意が必要です。

保険の切り替え時の免責期間を把握しておく

旧契約から新契約に保険を切り替える際には、免責期間を把握しておくことも重要です。

生命保険は保険金額が膨大になることもあって、死亡を偽装したり保険金目的で犯罪を犯したりと悪用されるケースも想定されます。

そのため免責期間を設けて、一定期間内に生じた保険金支払い事由に関しては保障対象外として対応します。

免責期間を考慮せずに切り替えの手続きを行ってしまうと、無保険状態が生じてしまいますので免責期間を考慮した責任開始日を設定するようにしましょう。

年齢によって保険の新規加入ができない可能性も

「〇〇社の保険がいいから保険を切り替えよう」と思ったときに立ちはだかりがちなのが、年齢の壁。

特に学資保険では子供の年齢によっては加入が認められないことも。

通常の生命保険でも加入する年齢によっては、保険料がかえって割高になることもありますので注意が必要です。

加入しなおしたい保険の年齢制限や、年齢による保険料の変化を事前にリサーチしておきましょう。

生命保険の見直しを依頼するなら保険のプロに!

生命保険の見直しではいくつも考慮するポイントがあるため、一人では判断がつかないこともあるでしょう。

特にライフプランを考慮した受取金額の設定や、保険の利率の計算などは専門知識がないとうまくいかないもの。

「自分一人ではできない!」という方は、保険知識に精通しているプロが在籍する保険代理店の無料相談を利用しましょう。

保険代理店では複数の保険会社の商品を取り扱っているため、スタッフの保険知識が充実しています。

また保険証券を分析し、相談者とのヒアリングをもとに保障内容の見直しや、適切な保険の提案を受けることも可能。

保障内容が適切であれば無理に勧誘することもありませんので安心です。

契約や解約の手続きのサポートも受けられますので、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

店舗だけでなく自宅訪問による相談や、感染症対策でオンラインでの保険相談を行っているところもあります。

生命保険の見直しにおすすめな保険代理店

以下では生命保険の見直しにおすすめな保険代理店を2つ紹介しています。

どちらも全国的に展開しているため、地方に在住の方でも利用に困ることはありません。

保険見直し本舗

保険見直し本舗は人気タレントを用いたTVCMが話題の保険代理店。

全国に店舗を展開しているほか、店舗まで移動できない人向けに訪問型の相談サービスも実施しています。

特に店舗の多さは国内で展開している保険代理店の中でもトップクラス。

近くに店舗がない…なんてことはありません。

フランチャイズ形式と直営店に分かれているため、取扱保険会社数に差はあるものの40社以上の保険会社の中から条件を踏まえて複数の保障を提案してもらえます。

多くの店舗にキッズスペースも設けているので、子連れでの相談でも安心。

相談にかかる費用は全額無料で何回でも対応してくれますよ。

ほけんの窓口の詳細ページはこちら

保険見直しラボ

保険見直しラボは訪問型の相談に特化した保険相談サービスです。

自宅で相談できるだけではなく、職場や喫茶店など希望の場所にまで出張してもらえるのが魅力。

また相談を担当してくれるスタッフは、保険相談に携わって10年以上の経歴を持つベテランばかり。

新人に当たる可能性が限りなく低いので、実績と経験に基づいたヒアリングやアドバイスを受けられます。

またスタッフの質にもこだわっていて、アンケート結果をもとに担当者を入れ替えているので、相談の質にも期待が持てるでしょう。

ですが人によっては相性の悪い担当者に当たってしまうことも。

担当者の対応に満足できなかったり、過度に勧誘を受けた場合にはイエローカード制度を用いて担当者の変更を依頼できます。

保険相談後にアンケートに回答するとお菓子や調味料などの生活に役立つ商品がもらえるのも魅力的ですね。

訪問にかかる交通費等の費用は全額無料、何度でも繰り返し利用できますのでご安心ください。

保険見直しラボの詳細ページはこちら

生命保険の見直しの注意点を理解して適切な保険に切り替えよう

いかがでしたか?

生命保険は生活状況や加入しているときの年齢に応じて、必要な保障内容が変化します。

また不必要な保障がついていることで、保険料が割高になっていることもありますから見直すことで無駄な保険料を支払わずに済みます。

ですが保障内容や保険料に気を取られるばかりに、必要な保障を削りすぎたり利率の低い保険に再加入して損をするなんてことも。

ライフプランや必要保障額がわからない方は、保険に精通しているプロの所属する保険代理店の相談サービスを利用することをおすすめします。

無料で対応してもらえるほか、プロの目線からのアドバイスや契約のサポートを受けられますので、一度利用してみてください。

生命保険は人生で2番目に高い買い物といわれるくらい重要なものですから、慎重かつ自分に合った保障で効率的にもしもの場合に備えていくようにしましょう。