ディーラーからの自動車保険勧誘の上手い断り方!通販型に変えるなら実践

自動車保険 ディーラー 断り方

自動車を購入するときはディーラーを介して手続きすることがほとんどです。

自社の車を取り扱っていることがほとんどですから、サービスも行き届いているので利用する方も非常に多いです。

そしてディーラーで車を購入すると必ずと言っていいほど、セットで自動車保険に加入しないかの勧誘を受けます。

中にはいわれるがままに自動車保険に加入した方もいるでしょうが、更新のタイミングで「あれ?通販型のが安いんじゃ…」と保険料の違いから通販型への加入を検討される方もいるかもしれません。

しかしお世話になっているディーラーに対して切り替えるから解約したい…と伝えるのは正直気が重いですよね。

そこで今回はディーラーから更新のタイミングで勧誘を受けた際に、きっぱり断る方法を解説していきます。

ディーラーで車を買うと自動車保険の勧誘がセットになる

ディーラーで新車を購入すると必ずと言っていいほど自動車保険の勧誘がセットになります。

自動車は購入費用も高額ですが、事故が発生した時の後処理費用や修理費用も高額になりますから、任意保険に加入していつでも補償を受けられるようにするのがベスト。

自動車購入のタイミングは保険加入のベストタイミングですから、ディーラー側は大手損害保険会社から保険商品の販売を行う代理店契約を結んでいるところも多いのです。

そのためディーラーで車を購入すると勧誘もセットで行われるんです。

また契約のノルマを言い渡されているところもあるので、熱心に勧誘されることもあります。

ディーラーで自動車保険の加入を継続するメリットもある

通販型自動車保険は手軽さと保険料の安さから最近注目を集めており、ディーラーから加入する代理店型から切り替えようと考える方も増えています。

しかしディーラーで自動車保険の加入を継続するメリットも相応にあることを覚えておきましょう。

保険始期日の調整をする必要がない

自動車購入後は乗車して帰宅することになりますから、購入日から事故に遭うリスクが付きまとうことになります。

ディーラー以外から自動車保険に加入すると、自動車保険の免責期間や保険始期日を計算に入れたうえで計画立てて加入手続きを進める必要があります。

しかしディーラーに保険契約を任せてしまえば、保険始期日の調整をする必要がありませんので面倒な手続きを一々踏む必要もありません。

また計算がずれて保険始期日が納車日に間に合わなくて、帰り道にドキドキしながら運転するストレスもありません。

契約することで割引交渉を受けられることも

自動車販売のディーラーで自動車保険を同時に契約することで、皆さんに有利なようにオプションで付ける部品や車両価格の割引を適用してくれるところもあります。

全てのディーラーで対応してくれるわけではありませんが、同時加入をすることによってディーラー側が受けるメリットは非常に大きいですので、値引き交渉の材料として活用できるかもしれません。

同時に加入することで日程調整の手間も省けるのに加えて、割引を受けられるのは大きなメリットですね。

事故発生後の修理で融通が利く

仮にディーラーから購入した車で事故を起こしてしまった場合、修理を依頼すると受け取れる保険金の範囲内で対応してもらえることもあります。

また通常自分で加入した自動車保険の場合には、事故発生後の修理期間中は自分でレンタカーを借りてその分の費用も負担しなければなりません。

しかしディーラーで自動車保険に加入していると修理期間中の代車の費用が免除になることもあります。

さらに自転車でこすられてしまったときの傷などの軽微な損害が車のボディに発生してしまった場合、点検の際に無料で対処してもらえることも。

通常自動車保険を活用して直そうとすると、保険利用による事故係数が加算されてしまいますので、次回更新時に保険料割引が低くなってしまいます。

自動車保険に加入しておくことで事故後の対応で損をしないように取り計らってもらえるのは、非常に大きなメリットですよね。

ディーラーからの自動車保険の更新勧誘の上手な断り方4選

ディーラーから自動車保険に加入することで信頼関係や利害関係が生まれるため、さまざまな恩恵を受けられます。

しかし家計が苦しく保険料を節約したいなど、ディーラーからではなく通販型に加入したい人にとってそれは二の次。

断りづらいな…と思ってもうまく穏便に済ませられる断り方4つを以下で紹介していきます。

①知人や親せきから加入することにした

保険業界で働く人が知人や親せきにいると、業績の為に保険に加入してほしいといわれるのはよくあることです。

知人や親せきから加入することにしたとハッキリ伝えることで、相手も踏み込めない状況を作れるかもしれません。

保険販売を担当する側としても、実際に自分も知人や親せきから加入してもらった経験がある人もいるでしょうから、関係性に踏み込めなくなるんです。

ただし知人や親せきの情報を詳細に伝えすぎるとボロが出ることもありますから、注意が必要です。

②ネットのダイレクト型に切り替えるとハッキリ伝える

今現在ディーラーから紹介された自動車保険に加入している方は、ネットのダイレクト型に切り替えることをはっきり伝えましょう。

ディーラーの中には食い下がらずに「ネットとうちで入るのはさして変わらない」と推してくる人もいますが、保険料を安くしたいなどネット型を選ぶ明確な目的を伝えましょう。

皆さんとの今後の関係性もありますから、必要以上に推してくる可能性も下がるかもしれません。

「断った後利用するの気まずいな…」と思ったとしても、そこは客と店員と割り切ってしまいましょう。

③会社の保険を活用しろと言われた

車を仕事で常用する方は、「会社側から会社の紹介する自動車保険に加入するように言われている」と伝えてみるのもいいかもしれません。

会社からの命令であればディーラーも深くはつっこめませんし、しつこく勧誘しても加入してもらえる見込みは少ないですから諦めてもらえる可能性が高まります。

この際にどんな保険に加入するんですか?と聞かれても詳細には答えない方が賢明です。

④車を手放すと伝える

既に契約していて更新を迫られたり解約を検討されている場合には、車を手放すと嘘をついてしまうのも一つの手。

車を手放すのに保険に加入している意味はありませんから、すんなり解約できる可能性も。

新規でネット保険に加入を検討されている場合には、解約日と保険契約日をあらかじめ同じに設定して無保険期間を作らないようにしましょう。

解約の際には等級を維持できる中断証明書の発行を打診されますが、もしもの時の為に作っておくことをおすすめします。

ディーラーの勧誘を断って通販型に加入するときの注意点

ディーラーの勧誘を断って他の保険や通販型に加入することもできますが、やはりノーリスクというわけにはいきません。

以下の注意点に気を配らないと損をする可能性があります。

  • 通販型はサポートが受けられない
  • ディーラーから切り替える際は解約手続きを必ず行う
  • 保障内容をよく把握したうえで加入する

以下で詳しく解説していきます。

通販型はサポートが受けられない

ディーラーから加入する代理店型の保険は事故対応や事故発生後のサポートが充実しています。

一方通販型はサポート手数料がひかれているぶん、保険料が安くなるシステムになっています。

サポートがない分諸手続きや保険契約の維持を自分で都度行っていく必要がありますので、知識がないと対応できないかもしれません。

通販型に切り替えれるデメリットも相応に覚えておきましょう。

ディーラーから切り替える際は解約手続きを必ず行う

「ディーラーから加入している保険だけどちょうど満期だし、契約切れるまで放っておこう」と考える方もいるかもしれません。

しかし自動車保険の多くは契約の更新が自動で行われるため、解約手続きをしないまま通販型保険に加入してしまうと二重契約状態になります。

二重契約状態になると保険料を2倍支払うことになるのはもちろんのこと、事故が発生しても保障を利用できるのは片方のみと保障の無駄が発生してしまうんです。

「解約手続きが面倒くさいしディーラーと顔を合わせたくない」からといって、契約を放置するとせっかく通販型保険で節約できた保険料が無駄になってしまいます。

保障内容をよく把握したうえで加入する

ディーラーから保険に加入する時には、保障内容について説明が受けられますが、通販型保険の場合は自分で保障内容や約款を確認する必要があります。

自分で内容をかみ砕くので、ある程度保険の知識がないと補償の理解が及ばずに請求時に補償対象外になってしまうことも考えられます。

安いからといって飛びついてしまうと、本命である補償適用時にトラブルが発生する可能性がありますので、注意が必要です。

更新を断るなら更新日の2か月前がベスト

ディーラーから加入した保険を更新せずに解約するのであれば、満期日の2か月前を目安に動き出しましょう。

自動車保険では満期日あるいは更新日の2か月前をめどに、お知らせのはがきが届くのが一般的。

交渉する時間や保険切り替えの手続きでトラブルが発生しても対応できるように、余裕を持って対応できるようにしましょう。

上手にディーラーからの勧誘を断って希望している保険に加入しよう

いかがでしたか?

車を購入時するときにはディーラーとの接触は不可欠ですので、自動車保険への勧誘や更新を進められることも多いでしょう。

確かにディーラーを通じて保険に加入するとなると、サービスを継続して受けられますので手続きの負担を軽減して契約を継続していけます。

しかし通販型保険で加入すると保険料割引が受けられますので、家計が苦しい方は切り替えたほうが経済的になることも。

加入したい保険が別にあるのであれば、きちんとディーラーからの勧誘を断っておくのがマナーです。

今回紹介した断り方は一例ですが、状況に応じて使い分けてみてくださいね!