メットライフ生命「ガードエックス」の評判からデメリットや特徴を徹底解説!

メットライフ生命「ガードエックス」の評判からデメリットや特徴を徹底解説!

メットライフ生命の「ガードエックス」は、がん経験者やその家族の声をもとに作られたがん保険です。

身近な病気になりつつあるがんは、治療費が高額になることも多く金銭的な負担も少なくありません。

そのようながんに備えるのが「ガードエックス」で、給付金が一括100万円支払われるなどの特徴があります。

そこでこの記事では「ガードエックス」の特徴とデメリットを中心に解説します。

メットライフ生命「ずっとスマイル」の評判からデメリットや特徴を徹底解説!

メットライフ生命「ドルスマートS」の評判から特徴や加入するデメリットを徹底解説!

メットライフ生命「ガードエックス」の4つの特徴

学費を準備する3つの方法

メットライフ生命「ガードエックス」は、がんと診断された場合に保険の下りるがん保険の一つです。

生涯でがんを患う人は、2人に1人と決して珍しい病気ではなくなりました。

がんになると精神的な不安はもちろん、治療にたくさんのお金がかかることで金銭的な不安も付いて回ります。

初期で見つかることも増え、治る病気になりつつありますがそれには治療費の確保は大切です

そこで重要になるのが保険です。がん保険は、がんと診断されると保険金を受け取れるものがほとんどで、メットライフ生命「ガードエックス」もその一つです。

そんな「ガードエックス」には、4つの特徴があります。

特徴を正しく理解し契約をすることが失敗しない保険選びには重要です。

そこでここでは、メットライフ生命「ガードエックス」の4つの特徴を解説します。

がん治療給付金で一括100万円を支給してもらえる

メットライフ生命「ガードエックス」では、がんと診断され入院・通院問わず手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受けるか、ステージⅣなどがん最上位と進行を診断されることで、がん給付金として100万円が給付されます。

さらに上記のいずれかの状態になると、通算5回までこの給付を受けられるのも心強い保障の一つです。

がんの治療には多額の治療費を要することも多く、そのたびに一括で100万円受け取れるのは、安心の特徴となっています。

手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受ければ給付金がおりる

先ほどもお話しましたが、手術・放射線治療・抗がん剤治療を受けると保険金を受け取れます。

この3つの治療はがん治療においてメジャーな治療法で、がんと診断されるとこのいずれかの治療を受ける可能性が高いです。

この3つは公的医療保障制度の対象となっているので、所定の負担ですみます。

ホルモン剤治療でも1回につき10万円が支給される

がん治療において、ホルモン治療も行われる可能性の高い治療法です。

主に乳がんや子宮体がん、前立腺がんで用いられる治療で、特定のホルモンの作用により活発化するタイプのがんにむけて、ホルモンの作用を抑えるホルモン剤を投与し、がんの増殖を防ぐことが期待する治療法です。

このホルモン剤治療においても、1回につき10万円が通算10回まで支給されます。

入院・通院も関係なく支払われるので、安心して治療を続けられる保障となっています。

がん診断後には保険料支払いがない

「ガードエックス」では、がん診断後の保険料支払が不要となります。

険の中には、がんと診断されても保険料支払免除がないものもあり、保険料を支払い続けないと保障が続かないものもあります。

がんにより、今まで通り働けなくなり収入に不安が生じても保険料の払込が不要になるのは、安心の一つとなっています。

ただし上皮内がんは対象外となるので注意が必要です。

メットライフ生命「ガードエックス」の3つのデメリット

デメリット

ここまではメットライフ生命「ガードエックス」の特徴を解説しました。

身近な病気になりつつあるがんに対して、安心の保障を兼ね備えている保険だということがわかりました。

がんに対して手厚い保障を付けておきたい人にとって、とても魅力のある保険商品です。

しかし「ガードエックス」にもデメリットになってしまうことがあります。

デメリットを知らずに契約してしまうと、万が一のときに思っていた給付を受けられないなど後悔に繋がる可能性があります。

保険は決して安い買い物ではありません。

保険を購入する際には後悔したくないですよね。

失敗と思わない保険選びするためには、特徴だけでなくデメリットもしっかり把握しておく必要があります。

ここではメットライフ生命「ガードエックス」のデメリットを解説します。

上皮内新生物は保障対象外

先ほども少しお話しましたが、悪性新生物と診断させる場合と上皮内がんと診断されることで保障が変わってきます。

がん診断後の保険料支払不要の保障は、上皮内がんではその対象から外れます。

またがん診断保障も、上皮内がんでは半分の25万円の支給となるので注意が必要です。

どちらの病気も大変で不安ではありますが、悪性新生物のがんと比べ上皮内がんは基底膜を突き破って浸潤していないため、通常はがんに含まれません。

さらに悪性新生物と比べると、手術で取り除けることが多く転移もほとんどないと言われているため、保障に差が出てしまうのです。

このような保障の差があることも契約前に知っておくべきデメリットです。

免責期間が90日間ある

メットライフ生命「ガードエックス」には、免責期間が90日あることもデメリットとして知っておきましょう。

免責期間とは、保険金や給付金が支払われるような事由が起きても、支払い対象から外れてしまう期間のことを指します。

この90日間にがんと診断され治療をしてもその給付金を受けることはできません。

このようなデメリットは、非常に重要な事項として頭に入れておきましょう。

医療保険の180日ルールって何?頻繁に入院する人向けの注意点

給付金支給対象は健康保険適用治療のみ

給付金関係でもう一つ注意があります。メットライフ生命「ガードエックス」で給付の対象となるのは、健康保険適用の治療のみとなっています。

がん治療には、保険外治療もあり保険外になると治療費も高くなります。

もしがん先進医療に備えたい場合には、特約でがん先進医療保障特約を付帯させておくと安心です。

がん先進医療は、保険外となり非常に高額となります。

先進医療を受けたくても金銭的な負担であきらめざるを得ない状況になってしまう人もいます。

このような不安を解消するために、がん先進医療特約を付帯させておきましょう。

基本保障では、健康保険適用治療のみだということを覚えておきましょう。

がん保険に加入するなら医療保険との保障範囲重複に注意

保険相談 商品券 注意点

がん保険と並び多くの人が加入しているのが医療保険です。

がん保険は、保障対象をがんのみとしていますが、医療保険ではがん以外の病気やケガでの入院や手術、通院に対して保障しています。そのため、医療保険とがん保険の保障範囲が重複する可能性も高く、被っている部分は絞っても良いでしょう。

ここでは医療保険とがん保険、両方に加入している際の注意ポイントについて解説します。

医療保険はガンを含む病気全般に対応可能

医療保険は、がんを含む病気やケガ全般を保障の対象としている保険です。

そのためがんになった場合でも給付を受けられます。

もちろんがんのみを保障の対象とするがん保険よりは保障が薄く感じるかもしれません。

しかし今の医療保険は、がんに関する保障を特約で手厚くすることも可能です。

幅広い病気焼け気に備えられるのが医療保険なので、どちらかしか加入できない場合には、医療保険で病気やケガ全般に備えておくことをおすすめします。

さらに重複している部分があれば、無駄を省いて保険料を節約するようにしましょう。

両方とも先進医療特約を付帯できるので片方だけに絞っておく

医療保険にもがん保険にも、先進医療特約を付帯できます。

先進医療特約は先ほどお話した通り、保険外の治療となるため金銭的な負担も大きくなります。

そのような場合に備えて、入っておきたい特約の一つです。

しかし医療保険・がん保険両方で先進医療特約を付帯させると、内容が重複してしまいます。

医療保険かがん保険どちらかだけに絞り保険料を節約することをおすすめします。

選ぶ際には、がん先進医療など特定のものだけを保障対象としているものではなく、多くの先進医療を保障の対象としているものを選ぶと、無駄なく安心できるのではないでしょうか。

がん保険の加入で迷っているなら複数を比較しよう

がん保険は、メットライフ生命以外にもさまざまな保険会社で販売されています。

しかしどのがん保険にも魅力があり、どれに加入するべきか悩んでしまいますよね。

もしがん保険選びに悩んだら、複数を比較するようにしましょう。それぞれのがん保険を知り、最適な保険を選べるとよいですね。

メットライフ生命「ガードエックス」の特徴を知って加入すべきか判断しよう

メットライフ生命「ガードエックス」の特徴やデメリットを中心に解説しました。

がんになると一括で100万円を受け取れる、がん診断後保険料払込不要など、手厚い保障で魅力的な商品です。

メットライフ生命「ガードエックス」に加入して後悔しないようにするためには、特徴だけでなくデメリットも把握し判断することが大切です。

当サイトがおすすめする保険相談窓口3選