40代におすすめな医療保険の選び方!損しないためのポイントを紹介します

医療保険 40代

40代になると周りが病気で入院、健康診断で引っかかった話を聞き始めて、「自分ももしかしたら…」なんて不安になり始める時期ですよね。

将来もしも病気になったときのために、医療保険への加入を検討し始めた時に気になるのが、どの保険を選べばいいかです。

医療保険は同じ保険会社でも保障内容が異なるため、どれが自分に合っているのかわからなくなります。

この記事では医療保険への加入を検討されている方向けに、おすすめな医療保険の選び方を紹介していきます。

せっかく保険に加入するなら、損したくない!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

40代になると病気で入院する可能性が上がる

40代ともなると段々と年齢を感じ始める方も多いのではないでしょうか?

実際に40代になると人間ドックや定期健康診断を受診する機会も増えますので、自分の健康状態と向き合う機会も増えていきます。

若いうちの生活習慣が積もり積もって、健康診断を受けた時に要再検査になってしまうこともあります。

実際に国立がん研究センターの公表している、最新がん統計では、30代後半からがんの罹患率が増え始めて40代から急激に罹患率が伸び始めます。

また生活習慣病の代表格、糖尿病が発見されるのも40代から急激に増えていきます。

重大な疾患に罹患する確率が増えていきますので、入院する可能性も20代、30代に比べて高くなっていくのです。

40代におすすめな医療保険の5つの選び方

健康状態への不安がじわじわ広がり始める40代では、医療保険加入時には以下の選び方を参考にしてみてください。

年齢や先々の健康リスクに備えられるようなポイントを解説しています。

①40代が入院する日数を参考に給付金支給期間を決める

医療保険を選ぶ際に重要視すべきポイントは、入院給付金の受給期間をどの程度で契約するかです。

医療保険では契約者が入院した場合に、日額で給付金を受け取れます。

厚生労働省が行った患者調査によれば、40代の含まれる年齢階級では入院から退院まで、平均21.9日かかるとされています。

入院給付金を受け取れる期間が長いほど、保険料も高くなっていきますので、平均入院日数を参考にしてどの程度給付期間を得かを決めましょう。

一般的な医療保険は1入院につき60日間の給付を受けられますので、60日間をベースに考えましょう。

短期入院にも対応できるか支払い条件を確認しよう

入院給付金の期間を決めるときには、日数だけを考えてしまいがちですが、支払い開始日も確認しておきましょう。

保険によって入院給付金の支払い条件は様々です。

6日間以上入院していないと給付金が支払われない条件が指定されていることもありますし、1日の短期入院でも給付金が受けられるものもあります。

最近では医療の発達により、がんの手術でも5日間~1週間で退院できるケースもあります。

短期の入院でも十分な給付金が受けられるように、短期入院の場合でも保障を受けられる保険に加入することをおすすめします。

②先進医療特約を付ける

医療保険は入院時の給付金と手術金の給付を受けられますが、さらに保障を追加できる特約があります。

特に先進医療特約は、保険料が月額数百円程度で済むこともありますので、付帯しておくことをおすすめします。

上述したように医療は常に進歩しており、日々現場では人の体に負担がかからず、短期で治療が終わる治療法が考案されています。

ただし最新の治療法を使うとなると、国の健康保険制度が適用されないことがほとんどです。

せっかく有効な治療を受けられるのに、全額自腹となると費用が用意できない方も出てきてしまいます。

先進医療特約を医療保険に付帯していれば、万一入院中に先進医療の治療を受けるときでも、保険金が下ります。

ただし医療保険加入期間中の限度額が通算で設けられているので、無限にもらい続けることはできませんので、注意が必要です。

③更新のない終身型の保険に加入する

40代で医療保険に加入する野であれば、更新の必要のない終身型の保険を選ぶことも検討してみてください。

一般的に定期保険のほうが保険料も安く、保障を見直しやすいといわれています。

ですが定期保険に加入すると、自動更新制度が適用されて10年など節目ごと保険料の見直しが行われていきます。

以下の表のように、年齢が上がるごとに保険料が高くなっていきます。

40歳 50歳 60歳
A社 1920円 2960円 5880円

※入院給付金日額1万円・保険期間10年で試算

40歳と60歳を比較すると、3倍近くも保険料が増えているのがわかりますよね。

年齢が上がるにつれて病気にかかるリスクが高くなりますので、医療保険では保険料が高くなっていきます。

終身保険は保障が一生涯続く分、1か月あたりの保険料は高く設定されているものの、いったん加入してしまえば保険料がそれ以上高くなることはありません。

以下の表を見てもらうとわかるように、40歳で終身医療保険に加入した場合、40代以降の保険料よりも抑えた金額で保障を受けられます。

保険商品名 金額
終身医療保険プレミアムDX(チューリッヒ生命) 2412円
アクサダイレクトの終身医療(アクサダイレクト生命) 2420円
メディフィット生命(メディケア生命) 2970円
SURE(ソニー損保) 3572円

※※入院給付金日額1万円・先進医療保障ありで試算

もちろん4000円~1万円まで保険料を支払う保険もありますが、高齢になっても加入時と同じ金額で支払えるので、定年退職後でも支払いを継続できます。

医療保険の終身型って加入すべき?メリット・デメリットから徹底解説します!

④すでに医療保険に加入しているなら保障内容を見直す

既に医療保険に加入しているのであれば、年齢に応じた保障内容に見直してみましょう。

必要以上に無駄な保障を付けていることもあれば、逆に補償が足りない場合もあります。

保障内容を40代に見合ったものに変更することで、保障をスリム化できます。

⑤女性なら女性特約の付帯を忘れずに

40代の女性であれば、女性特約があった方がより安心です。

女性は男性よりも早く、乳がんや子宮がんなど女性器系のがんにかかるリスクがあります。

国立がん研究センターのがん統計によれば、40代の女性が罹患するがんの中でも、以下の部位が多いと報告されています。

1位 乳房
2位 子宮(体部・頸部)
3位 結腸

(参考:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

医療保険の女性特女性特約を付けておけば、万一女性器系の疾患で入院した時に、通常の保障に加えてさらに保障を追加してもらえます。

40代で医療保険に加入するときの注意点

40代におすすめの医療保険の選び方を実行する前に、以下の注意点を把握しておくことをおすすめします。

  • 公的保障で保障される医療費もある
  • 健康状態が悪いと加入できない可能性がある

以下で詳しく解説していきます。

公的保障で保障される医療費もある

医療保険を選ぶときに忘れてはならないのが、公的保障で保障される分があることです。

皆さんもご存じの通り、日本では健康保険制度が充実しており、国に認められている治療法であれば窓口負担は3割です。

また窓口負担が3割でも手術などで、ひと月の医療費が高額になってしまうこともあります。

ひと月の医療費が高額になった場合、基準額以上であることを申告すれば、高額療養費制度で還付を受けられます。

医療保険で保障を受ける分は、治療費ではなく入院時の生活費や働けない期間の収入保障分を想定して、保障を選んでいきましょう。

健康状態が悪いと加入できない可能性がある

医療保険では加入時に、健康告知を行います。

加入者の健康状態を把握して、どの程度保険金を支払う可能性があるかをチェックしていきます。

保険会社ごとに詳細な条件は異なるものの、一般的に以下の条件が提示されています。

  • 所定期間(例:3か月)以内に病院での受診歴があるか
  • 過去2年で健康診断などの健診結果で要検査など引っかかった経歴があるか
  • 5年以内に保険会社が指定する病気にかかった経歴があるか

上記の内容に引っかかっている場合は、保険への加入が断られる可能性がありますので注意が必要です。

期間外であれば申告する必要はありません。

完治している場合は、自己判断ではなくあくまで医師による完治宣告がなければ意味がありませんので、注意が必要です。

40代で医療保険に加入する3つのメリット

40代で医療保険に加入するメリットは、以下の3つです。

  • 40代以降急増する健康リスクに対応できる
  • 健康状態が悪化する前に加入できるチャンス
  • 子供に一番お金がかかる時期に医療費の保障が得られる

以下で詳しく解説していきます。

40代以降急増する健康リスクに対応できる

冒頭でも紹介したように、40代ではさまざまな健康リスクが迫ってきます。

万一入院期間が延びたとしても、給付金で費用保障を受けられるので、退院後に貯金がなくなるなど経済的なリスクを軽減できます。

実際に私の祖母も肺がんの治療を行う際に、医療保険を活用して入院費用の保障を得ています。

複数回入退院を繰り返していますが、「医療保険があるとないとじゃ支出が全然違うよ」とも言っていました。

健康リスクに対応するために、健康診断を受けて保障を得ておきましょう。

健康状態が悪化する前に加入できるチャンス

50代、60代で医療保険に加入しようとすると、病気にかかった経験がある場合、保険への加入を断られてしまいます。

その点、40代であればまだ保険に加入できない病気にかかっている人は少ないでしょう。

上述したように医療保険では、健康状態が悪いと保険への加入を断られてしまう可能性があります。

さらに病気にかかりやすくなる前に加入できる、ラストチャンスなのです。

子供に一番お金がかかる時期に医療費の保障が得られる

結婚している40代の中には、子供が中学生、高校生になり塾や部活動費の支出が増えてきた方もいるでしょう。

部活動費は入部している部活動によって費用は異なりますが、運動部だと備品の消耗が激しいため定期的に買いなおしが必要になります。

また将来いい大学に入るために、塾に通わせてやりたい親心もありますよね。

受験が近づくにつれて塾の費用も高くなっていきますから、節約が必要になる過程もありますよね。

ですが病気やけがは足音もなくやってきますから、急な出費が出てしまうことも予想されます。

医療保険に加入しておけば、家計のやりくりが必要な時期でも十分な保障が得られます。

40代でどの医療保険に加入するか迷ったらどうする?

記事の上部では40代におすすめな医療保険の選び方について解説しましたが、自分で選びきれない!なんて方もいるはずです。

どの保険を選んでいいか迷っている方は、以下の相手に相談してみることをおすすめします。

保険会社の担当者に連絡して最新の商品を紹介してもらう

既に加入している生命保険の担当者に医療保険の紹介を依頼して、最新の商品を紹介してもらいましょう。

付き合いのある担当者なら、相談もしやすいですし、家計の状況を把握しているケースが多いです。

また商品に関する知識も豊富なので、医療保険についてわからない40代でも安心して任せられます。

しかし担当者に不満がある場合は、相談しても信用できないこともあります。

生命保険の営業が信用できない!信頼できる相談相手を見つけるにはどうしたらいい?

無料の保険相談窓口で相談してみる

保険会社の営業さんに相談するのに抵抗がある方や、いろんな医療保険について相談したい方は、無料の保険相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか。

無料の保険相談窓口では、複数の保険会社の商品を取り扱っています。

医療保険も多数取り扱っていますので、保険料を抑えたい、保障を充実したいなどニーズに合わせて保険を提案してくれます。

医療保険の知識がない方でも理解できるように、医療保険の基礎的な知識から教えてくれることもあります。

契約手続きや保険の見直しもすべて無料で対応してくれるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

以下の記事で、医療保険の相談におすすめな無料保険相談窓口を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

医療保険の相談におすすめな保険相談窓口11選【2020最新】

健康リスクの高まる40代で医療保険に加入して万一の入院保障を得よう

いかがでしたか?

40代になると、健康上のリスクが気になりだす時期です。

糖尿病をはじめとした生活習慣病やがんにかかるリスクが、グッと上がり始めますので、医療保険に加入して万一の医療費に備えるようにしましょう。

今回紹介した40代にあった医療保険の選び方を参考に、自分に合った保障を考えてみてはいかがでしょうか?

もしも自分でどの保険がいいか判断がつかない場合には、保険の営業さんや無料の保険相談窓口の利用も検討してみてくださいね。

当サイトがおすすめする保険相談窓口3選