生命保険を40代で見直したい!老後を見据えた注意点や見直しすべき理由を解説します

生命保険 見直し 40代

死亡リスクに備えるための生命保険は、加入してからそれっきり放置している人も多いです。

会社で進められるがまま加入していることもありますから、見直しして保障の適正化を行うことが重要です。

ただし40代ともなってくると、老後や子供にかかる教育費用を考慮して保険を見直しておきたい!と考える方もいるかも知れません。

でも保険の見直しをこれまでやったことのない人からしたら、どこから手を付ければいいかわからない方もいますよね。

今回は40代の皆さんが生命保険を見直す際に注意すべきポイントや見直しすべき理由について徹底解説します。

40代は老後に備えて保障内容を検討し始める重要な時期

40代ともなってくると、老後に備えて保障内容を検討し始める重要な時期に当たります。

でも「なんで40代でピンポイントに保障内容を検討しなければならないのか」と疑問に思う方もいるかもしれません。

40代が生命保険を見直すべ理由は以下の4つです。

  • 生命保険に加入してから期間がたっているから
  • 子どもの進学に伴って支出が多くなるから
  • 保険の更新のタイミングと重なりやすいから
  • 死亡リスクが高まるから

以下で詳しく解説していきます。

生命保険に加入してから期間がたっているから

生命保険に初めて加入するタイミングの多くは、社会人になって働き始めてからのタイミングであることが多いです。

保険に加入してから保険を定期的に見直したことがない方の保障内容は、40代のリスクに十分に対応できない可能性があるんです。

保険を契約するときには、保障をどの程度用意したいかによって保険金額を決定します。

しかし若手のころと40代では収入も子どもの年齢も変わります。

生命保険は死亡時に家族の生活費を一定金額用意するために加入しますから、職歴を積んで収入が増加している40代では家族の生活の水準を保てるほどの金額は残せない可能性があるんです。

加入してからの期間を埋められるように、保障内容を見直して適切な金額をもらえるように調整する必要があります。

生命保険は見直しで節約可能!見直しのタイミングとポイントを解説します

子供の進学にともなって支出が多くなるから

40代は子供が中学~高校くらいの子どもを抱えている家庭も多いです。

小学校とは異なり中学~高校ともなってくると、塾代・部活の部費などで支出が増えてしまいます。

また生涯住むために家を購入し始める家庭も出てくるため、住宅ローンの支払いも家計の負担になります。

子どもを育てながら増加していく支出をカバーするために、保険料の負担を減らして家計全体を見直せるんです。

無駄な保障を発見して適宜解約してみることで、保険料の負担を少額でも軽減できます。

保険料負担は基本的に月々で行いますから、総合的に見れば一定金額の負担軽減につながります。

保険の更新のタイミングと重なりやすいから

定期保険に加入されている40代は、保険の更新のタイミングと重なりやすいです。

定期保険は何年と期間を定めて加入します。

一般的には保険期間を10年と定めていることが多いので、40代のいずれかのタイミングで更新手続きを行うことになります。

定期保険の更新の際には、そのまま加入を継続するかあるいは他の保険に切り替えるかを選択できます。

死亡リスクが高まるから

40代はそれまでの生活習慣が体に現れる時期でもあります。

またがんや脳卒中などの致死率の高い病気にかかるリスクもありますので、他の年代よりも特に死亡する可能性が高いんです。

40代は前述した通り生涯を通して給与が多い時期にも当たりますので、死亡した場合家計に与えるリスクは非常に大きいです。

40代で保険を見直すときに確認すべきポイント

40代で保険を見直すときに「じゃあいらない保険をバンバン削ればいいんじゃないか」と思われる方もいます。

しかし前提として給与の高い時期に亡くなった場合の死亡保障を目的に加入しますので、以下のポイントを確認しておかないと保険に加入している意味がなくなっていしまいます。

  • 支払っている保険料が家計に適しているか
  • 契約している保険金額が適切か
  • 保険に付帯しいている特約は無駄ではないか
  • 解約返戻金がどの程度積み立てられているか

以下で詳しく解説していきます。

支払っている保険料が家計に適しているか

大前提として保険料が家計に適しているかを確認してみましょう。

生命保険だけに注目するのではなく、火災保険や子供の学資保険にも着目しておきましょう。

ただし40代で子供の学資保険に手を加えてしまうと、子供の教育費用目標額を貯めきれないなんてことにもなりかねませんので、注意が必要です。

家計全体の保険料を確認して、年間の支出がどの程度かを算出してみてください。

保険料の家計に占める目安は、収入の4%~6%が目安といわれています。

収入を超えてしまうようであれば、見直しを進めるべきでしょう。

契約している保険金額が適切か

生命保険の保険証券を確認して、保険金額が適切かを確認しましょう。

上述したように若いころに加入している生命保険は保障の内容が古いままですから、保険金額が現在の生活を維持するのに見合わな金額かもしれません。

今の生活でどの程度費用が掛かっているのかを計算して、死亡時にどの程度の金額が必要かを確認してみましょう。

保険に付帯している特約は無駄ではないか

生命保険加入時に知り合いや保険会社の人を介している人の中には、いわれるがまま保険に加入してしまっている人もいるでしょう。

どの保険でも共通して、保障が多いほど保険料が高くなっていきます。

知らないうちに必要のない特約がつけられていると、無意識のうちに保険料が高くなっているなんてこともあります。

保険に付帯している特約も保険金額の確認と同時に行い、無駄なものがついていないかを確認しましょう。

解約返戻金がどの程度積み立てられているか

終身保険に加入されている方限定の話ではありますが、老後に備えられるほど解約返戻金が積み立てられているかを確認しましょう。

終身保険は保険期間が長期化するため保険料支払い額が大きくなる半面、支払った保険料の運用期間が長くなるため払い込み期間を過ぎれば、支払った保険料よりも多い返戻金や保険金を受け取れます。

40代で保険を見直す際には、老後に備えられるほど解約返戻金が積み立てられているかも確認しましょう。

保障内容が合わないから解約することを決めた場合、解約返戻金が支払った保険料を上回っていないと損をすることになります。

40代で保険を見直すときの注意点

保険を見直すと張り切ってしまい回りが見えなくなってしまうこともあるかもしれません。

40代で保険を見直す際には、以下の注意点を把握しておくことをお勧めします。

  • 安易に保険の解約を行わない
  • 子どもの年齢を考慮して見直しを進める
  • 第三者にアドバイスを求める

以下で詳しく解説していきます。

安易に保険の解約を行わない

「保障内容が気に食わないから保険を解約して別の保障に切り替えよう」と検討されている方もいるかもしれません。

20代であれば保険の解約をしてもダメージは少なく済みますが、40代で保険の解約を行うと再契約で保険料が高くなる可能性があるんです。

下記はある定期の生命保険に25歳の男性が加入した場合と40歳の男性が加入した場合の料金比較です。

  • 25歳男性…約2000円
  • 40歳男性…約4000円

約2000円もの保険料の差が出てしまいます。

生命保険では加入時の年齢に応じて保険料が決まりますから、一度解約して再加入する年齢が高ければ高いほど保険料の負担が増えてしまいます。

特に終身保険は加入時の年齢で保険料が決まったら、それ以降加入し続けている限り保険料は変わらず一定のままになります。

40代で生命保険を解約してスリムな保険に切り替えようとすると、かえって損をする可能性がありますので注意が必要です。

子どもの年齢を考慮して見直しを進める

生命保険の見直すをすすめていくのに考慮に入れるのが子どもの教育費用です。

子どもの年齢が高いほど入学費用や教材費がかかってきます。

ですが年齢が高い分子供が独り立ちするまでの期間も短いですから、生活費の保障をする必要もなくなっていきます。

子どもの年齢を考慮して、どの程度残してあげればいいのかを確認するようにしましょう。

第三者にアドバイスを求める

仮定の生命保険ですから家庭内あるいは一人だけで見直しを進めようとする方も多いですが、意外と見落としが多かったり必要な保障が含まれていないこともあるんです。

一人ではチェック漏れがありますから、第三者にアドバイスを求めながら生命保険の見直しを進めていきましょう。

40代の同年代の友人に相談してみるのもアリですし、保険に関する専門家に依頼してみるのも一つの手です。

自分以外の第三者の意見も参考に、保障内容を見極めていきましょう。

生命保険の見直しの必要性と6つの注意点を徹底解説!

40代は生命保険だけでなく医療の保障も見直そう

40代では死亡リスクが高いとお伝えしましたが、死亡リスクが高い=健康リスクが高く病気にかかる可能性が高いことになります。

30代まではがんや生活習慣病にかかる件数は少ないのですが、40代以降となると一気に罹患率が上がります。

がんや生活習慣病で通院や入院をすると、医療費の支出が増大します。

また女性は乳がんや子宮頸がんなどの女性特有の疾患を抱える可能性もあります。

死亡まではいかなくとも、今後通院治療を行うことになりますから、医療費の保障が得られる医療保険も併せて見直しすることをおすすめします。

40代の保険を見直すなら保険相談窓口を活用しよう

40代の保険見直しでは家計・子供の年齢・解約返戻金の金額など、非常に多くの条件を考慮しながら進めていきます。

しかし仕事や家事、他の契約の管理も行いながら見直しを進めるのは難しいですよね。

忙しい40代の皆さんが保険の見直しを行うのであれば、無料で利用できる保険相談窓口を活用することをおすすめします。

以下で当サイトおすすめの保険相談窓口を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗は全国に300店舗以上を展開する、無料の保険相談窓口です。

生命保険の取り扱いも行っており、無料で保険に付いての悩みを相談出来ちゃいます。

40代で気になる家計管理や今後のリスクを洗い出せるように、担当のスタッフがヒアリングをもとにライフプランをオーダーメイドで作成してくれます。

希望条件に合わせて保険の提案や保障内容の変更にも対応してくれますし、医療保険などその他の保険に関しても同様に対応してくれますので、安心してください。

保険見直し本舗の実際の口コミ・評判からわかるメリット・デメリットを紹介!

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボも保険相談を無料で対応してくれ鵜保険相談窓口です。

忙しく店舗まで足を運べない方向けに、指定場所まで相談を担当するスタッフが訪問してくれるんです。

相談を担当するスタッフも、保険相談に携わってからの期間の長いベテランがそろっています。

顧客満足度も非常に高いので、初めて保険相談を検討している方向けです。

年齢に応じて保障内容を提案してくれるので、40代の方でも満足のいく相談が進められるでしょう。

保険見直しラボの口コミ&評判を分析!利用するメリット・デメリットを徹底解説

40代特有のリスクに備えるために生命保険を適切なタイミングで見直そう

いかがでしたか?

40代は何かとお金のかかる時期ですから、生命保険を見直して保険料負担を減らしたい!と考えている方も多いことでしょう。

ただし健康リスクや残すべき保険金額、保障内容など考慮すべき内容は非常に多くありますので、安易に見直しを進めないことがポイントです。

今回紹介した見直しポイントを参考に、保障をどれだけ残すか追加するかを確認しておきましょう。

また見直しで困っているのであれば、無料の保険相談窓口を活用してみるのも一つの手です。

生命保険は他の保険よりも長くお付き合いしていくものですから、適宜年齢に応じた見直しを行って無駄を省く&最適化していきましょう!