友人の車で事故を起こしたら自動車保険は使える?注意点や補償を徹底解説!

友人の車で事故を起こしたら自動車保険は使える?注意点や補償を徹底解説!

「ちょっと友人の車を借りて運転していたら事故を起こしちゃった…」

なんて友達の車で事故を起こしてしまうこともあるかもしれません。

自家用車が事故を起こした際に加入する自動車保険ですが、友人の車で事故を起こしてしまった場合でも、保険を使うことは出来るのか気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、友人の車で事故を起こしてしまった場合に、自動車保険を活用できるのかについて徹底解説していきます。

友人の車で事故を起こしても自動車保険は使える?

結論を先に言うと、友人の車で事故を起こしても自動車保険は使えます。

主に使える自動車保険は以下の3つです。

友人の自動車保険も活用できるけど制限がある

友人が自動車保険に加入しているのであれば、その自動車保険を活用して事故の補償を行うことができます。

しかし友人の加入している自動車保険の補償範囲内での補償になりますから、事故の全てを補償してもらえるとは限りません。

また、友人の自動車保険の補償を受けられる運転者の範囲によっては、友人の自動車保険の補償を受けられない可能性があるのです。

友人が運転者の補償範囲を配偶者や家族に限定している場合、それ以外の補償は保険の対象外になるのです。

つまり友人が自分の自動車保険に運転者を自分や配偶者のみに限定している場合には、自分が起こした事故は自分で責任を取らなくてはならないのです。

さらに何らかの理由で友人の車が保険会社で加入できる任意保険に入っていない場合、自分の保険を利用しなくてはなりません。

注意!友人の自動車保険を使うと迷惑がかかる

友人の自動車保険を使うことで自分の負担を減らすことができますが、友人に迷惑が掛かってしまう可能性があります。

自動車保険を利用することで、友人の自動車保険の等級が下がってしまい保険料が上がってしまうのです。

ただでさえ事故を起こして迷惑をかけているのにもかかわらず、保険料を増額させてしまうと多重に迷惑が掛かってしまいますので注意が必要です。

自分の車の自動車保険も活用できる

自分の車の自動車保険も活用できる場合があります。

他者運転特約に加入している場合です。

多くの場合、自動車保険に加入した時点で自動付帯してきます。

この特約が付帯されているのであれば、友人に迷惑をかけることなく自分の保険で補償できます。

友人の車の自賠責保険も活用可能

友人の車の自賠責保険も活用できます。

自賠責保険とは、保険に加入した際に加入を法律を義務付けられている保険のことで、交通事故を起こしたときに被害者のケガや死亡の補償を受けることができます。

しかし最低限の金額補償しかできず、物損に関しては補償対象外になってしまいます。

補償金額に限度があるため、すべての補償を賄うことができないのが難点です。

自分の車の自動車保険を使うときの4つの注意点

上で紹介したように、友人の車で事故を起こしてしまった場合は、できるだけ自分の自動車保険を使用して補償をするのが一番です。

しかし自分の自動車保険を使うときには以下4つの注意点に留意する必要があるので、確認しておきましょう。

  • 他者運転特約に加入しているか
  • 等級が下がって保険料が上がる
  • 常に車を借りっぱなしだと保険が使えないことも
  • 所有者の了承が取れていない利用も保険適用外になる

以下で詳しく解説していきます。

他者運転特約に加入しているか

まず大前提ですが、他者運転特約が自動車保険に付帯しているかが重要になります。

他者運転特約とは、自動車保険で契約していない他人の自動車でも、自動車保険の定める一定の条件をクリアしている場合に利用できる特約のことです。

もちろん契約している車と同じ補償を受けることができるので、他社の車であろうと補償が少なくなるなんてことはありません。

他者運転特約は上でも紹介したように、一般的には自動車保険に加入した時点で自動付帯してきます。

もしも不安がある人は、自動車保険の特約内容を確認してみましょう。

親族の車を借りた事故の場合は補償対象外

自分の加入している自動車保険に付帯している他車運転特約でも、補償対象外になってしまうケースがあります。

配偶者や子供など、自動車保険加入者と同居している親族の車で事故を起こした場合、「他者」として認定されないこともあるので注意しましょう。

等級が下がって保険料が上がる

自分の自動車保険を使って補償した場合でももちろん等級は下がります。

等級が下がることで翌年以降の保険料が上がってしまうことにもつながります。

常に車を借りっぱなしだと保険が使えないことも

友人から頻繁に車を借りている場合、保険がおりないこともあります。

臨時で借りている場合にのみ保険が適用されますので、常に友人に車を借りている人は運転により一層注意が必要になります。

所有者の了承が取れていない利用も保険適用外になる

友人の了承を得ていないのにもかかわらず、無断で車を運転していた時に起きた事故も他車運転特約の補償範囲外になります。

本人のあずかり知らぬところで起きた事故と判別されてしまいますから、その場合は友人に頼るしかありません。

友人に車を借りる際には、しっかりと了承を取ってから運転するようにしましょう。

自動車保険に加入していない人が取れる2つの選択肢

免許を持っていて車を運転する機会のある人の中には、自分で車を持っておらず友人の車を借りて移動せざるを得ない人もいるでしょう。

ですが自分の自動車を持っていない以上、自動車保険に加入できませんから無保険状態で友人の車を運転することになってしまいます。

無保険状態で車を運転して友人の車で事故を起こしてしまった場合、友人自身の保険で補償してもらうあるいは全額自己負担で相手の車からケガの補償、友人の車まで弁償しなければなりません。

そのため、自分の車を持っておらず自動車保険に加入していない人は以下の保険に加入することをお勧めします。

ドライバー保険に加入しておく

ドライバー保険をご存じでしょうか?

ドライバー保険とは、自分の車が無く自動車保険に加入できない人が加入する保険です。

もしも他人車で事故を起こしてしまったとしても、補償範囲内であれば十分に補償を受けることができますよ。

また、被害者側の補償の他にも加入者が負ったケガに関しても補償をうけることができるのでケガを負ったとしても安心ですよね。

自動車保険会社が提供していますので、自分に合った保険が無いか一度確認してみることをおすすめします。

1日自動車保険に加入しておく

もしも本当にたまに友人の車を借りるという場合は、1日自動車保険に加入してみることをおすすめします。

1日自動車保険に加入していれば、自動車保険に加入していない状態で友人の車で事故を起こしたとしても補償を受けることができます。

物損事故でも人身事故でも保証を受けられますので、加入しておいて損はありません。

1日自動車保険はその名の通り、加入したその日1日だけ補償が適用される保険です。

長期的に補償を受けたい人には向かないですが、稀に車を運転する人ならこれで十分カバーできます。

加入方法も簡単で、最近では事前ネット申し込みをしておけば近所のコンビニで加入手続きができます。

友人の車で事故を起こしてしまった場合に備えよう

いかがでしたか?

友人の車で事故を起こしてしまうとパニックになってしまいますよね。

いつ事故が起きるかは予測がつかないものですから、友人の車を借りる前に自分の加入している自動車保険の特約内容を確認しましょう。

もちろん友人の加入している自動車保険で他車運転特約の補償が使えるのであればよいのですが、友人にこれ以上迷惑をかけないためにも自分の車の補償を使うようにしましょうね。

また、自分の車を持っておらず自動車保険に加入できない人は、1日自動車保険屋ドライバー保険などの誰でも加入できる保険に加入してもしもの場合に備えるようにしましょう。