自動車保険のレンタカー特約って必要なの?つけないで損をすることはある?

自動車保険 レンタカー特約 必要

マイカーを持っている方ならだれでも加入している自動車保険には、「レンタカー特約」が付帯されているあるいは加入時に付帯をすすめられることもあります。

保険では特約で保障内容を充実させれられますが、保障を厚くする分保険料が高くなっていきます。

自動車保険の保険料で悩んでいる方の中には、「保険料を安くするためにレンタカー特約を外したいけど、必要性が高かったらあとで困るな…」と悩んでいる方もいますよね。

特約である以上特定の人に有益な保障であることは間違いありませんが、自分がレンタカー特約を付ける必要性があるのかは気になりますよね。

そこで今回はレンタカー特約の必要性や、つけるべき人つけるべきではない人の特徴や、レンタカー特約を外す以外に保険料を安くする方法について徹底解説していきます。

自動車保険のレンタカー特約ってそもそも何?

レンタカー特約を外そうと思っているけど、そもそもレンタカー特約についてよくわからない!という方もいますよね。

以下ではレンタカー特約とは何かを簡単に紹介していきます。

事故・故障で車の修理期間中の代車代を補償してもらえる特約

そもそもレンタカー特約とは、自動車保険の車両保険に加入している補償対象車が、事故あるいは故障で車の修理に出されている期間中の代車・レンタカーの費用を補償してもらえる特約です。

事故や故障は突発的に発生するものですし、どの程度の損害を被るかは事前に把握できるものではありませんよね。

場合によっては長期間修理に出さないと元通りにならないこともあります。

もらい事故や相手の責任割合が大きい場合には保険金で修理してもらえますが、自分でぶつかってしまった場合には加入している自動車保険で相手への補償や車の修理をおこなわなければなりません。

自動車保険などの損害保険には免責金額が設定されていますから、少なからず自分の保険をつかうときには自己負担分が発生します。

その中で代車の費用を捻出するとなると、二重のダメージとなってしまいますから自分の車の修理期間中の代車のレンタル費用を支払ってもらうことで家計の負担を少しでも緩和できるのです。

保険会社によっては代車を手配してくれることも

レンタカー特約と聞くと代車代だけを支払ってもらえるように思われがちですが、保険会社によっては皆さんに代わって代車を手配してくれることもあります。

事故後の対応は非常に煩雑で事故後のパニックも相まって対応できないことも多いでしょう。

代車を自分で手配することなく会社側で対応してもらえるのは非常に助かりますよね。

しかし保険会社ごとでレンタカー特約の内容は異なりますので、注意が必要です。

自動車保険の車両保険に自動で付帯される特約

レンタカー特約は昔、自動車保険の車両保険のオプションとして用意されていた特約だったのですが、現在は自動で付帯されるようになっています。

車両保険に自動で付帯されるシステムですが、保険会社によって呼称が変わりますので注意が必要です。

主な自動車保険会社では以下のような名前の特約の中に、レンタカー特約が含まれています。

東京海上日動 レンタカー等諸費用アシスト
ソニー損保 事故時レンタカー費用特約
イーデザイン損保 事故時レンタカー費用特約
おとなの自動車保険 事故時代車費用特約

一日の支払限度額が決められている

レンタカー特約は無限に補償を受けられるわけではなく、レンタカーの料金体系に従って支払限度額が決められています。

レンタカー会社では車種によって日額が異なりますので、大きい車や高級車に乗っている場合には料金が高くなる傾向にあります。

あまりにも日額支払限度額を低く設定しすぎてしまうと、思ったようにレンタカーが借りられないこともありますので、注意が必要です。

自動車保険のレンタカー特約って必要なの?

「自動でついてるけど、じゃあ必要ない人もいるんじゃないの?」と疑問に思う方もいますよね。

そこで以下では自動車保険のレンタカー特約を継続してつけるべき人について解説していきます。

車を常用する地域に住んでいるなら付帯が必要

レンタカー特約が必要な人は、車を常用する地域に住んでいる方です。

都内や首都圏にお住まいの方であれば車の維持費や管理費もありますし、公共交通機関が張り巡らされていますから車がなくても生活できるため、レンタカー特約は原則として必要ありません。

しかし地方や駅と駅の距離が長い地域に住んでいる方は、移動手段として車を使う機会も多いでしょう。

車を使う機会が多いということはそれだけ事故に遭うリスクも高いということ。

事故のリスクが車を常用しない人よりも高い以上、レンタカー特約を付けていないと代車費用がかさんでしまいます。

また車がない期間は通勤通学や買い物に行く手段がなくなってしまいますから、生活に支障が生じてしまいます。

生活の一部に車が含まれているのであれば、レンタカー特約は付帯しておいて損はありません。

通勤・通学で利用しないなら不必要

逆に首都圏など交通の便がいいところに住んでいる人や、通勤通学で利用する機会が少ない人であればレンタカー特約は不要かもしれません。

不安であればつけておいても問題はありませんが、保障をつけておいてもレンタカーを使う機会がないのであれば、外す選択肢を選んでも問題はありません。

レンタカー特約を付帯しないデメリットはある?

レンタカー特約を付帯すると、保険料がかかりはしますが万一のことがあった時に代車を用意してもらえるメリットがあります。

では特約を付加しなかった場合にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

以下で確認していきましょう。

修理期間がわからないので多額のレンタル代がかかるかも

事故に遭ったときにはどれだけ車が損害を受けているかはわからないものです。

ちょっとした事故だったとしても内部に損傷があり、予想していたよりも修理期間が長いなんてこともあります。

修理期間が予想できない以上、場合によっては多額のレンタル代が必要になる可能性があります。

仮に1日5000円のレンタル費用が掛かったとして1か月修理にかかるとすると、1か月で15万円かかる計算になります。

長期間車がないことで多額のレンタル代が生じる可能性があることは、きちんと把握しておいた方がよさそうです。

無料代車の対象にならない場合自費でレンタルすることになる

自動車修理業者など知り合いに修理を依頼できる方も中にはいることでしょう。

知り合いの裁量によっては代車料金を無料にしてもらえることもありますが、盗難や全損の場合は無料代車の対象にならないことも会いrます。

無料代車の対象にならない場合は自費でレンタルすることになるので、この場合も費用が発生します。

上述の通りどれだけの期間車が修理に出されるかはわかりませんし、車にどんな損害が降りかかるかはわかりませんからそなえておいてそんはありません。

レンタカー特約以外で保険料を安くする方法はある?

「レンタカー保険が必要な人に当てはまるのは分かったけど、自動車保険の保険料が高くて正直無理…」と感じる方もいるかもしれません。

以下ではレンタカー特約を外さずに保険料を安くする方法を一つずつ紹介していきます。

補償対象になるドライバーを限定する

自動車保険では補償対象範囲を決定するために、ドライバーのどの関係性までを範囲とするかのドライバー限定を行います。

例えば夫婦限定にすれば夫婦が運転した時に発生した事故に対して、保険金が支払われますし家族に限定すると家族の範囲は決まっていますが、家族が運転しているときに発生した事故には保険金が支払われます。

補償対象がひろければ広いほど保障が手厚くなっていきますから、保険料がその分高くなっていきます。

補償対象になるドライバーの範囲が現在広いのであれば狭めてみると、保障が減りますから保険料も減額されていきます。

車両保険で設定している免責金額を上げる

自動車保険は損害保険ですから、保険会社が支払う予定の保険金額に対しての免責金額が定められています。

皆さんが受け取る保険金は、保険会社が査定した保険金額から免責金額を差し引いた分が支給されます。

免責金額の設定額が低ければ低いほど保障が手厚くなりますから保険料が高くなります。

現状免責金額を低く設定しているのであれば、金額を上げてみると直近で保険料を安くできるかもしれません。

ただし保険料を安くする目的で免責金額を吊り上げすぎてしまうと、保険金の額によっては相殺されてしまい保険会社から保険金を受け取れないなんてこともありますので、注意が必要です。

免責金額を設定する際には、修理時にかかる費用や自分がどこまで負担できるのかをしっかりと整理したうえで対応しましょう。

家族と等級を入れ替える

もし皆さんが自動車保険に入りたてで保険料支払いに苦しんでいるのであれば、自分より高い等級を持つ家族に等級を入れ替えてもらうことも可能です。

皆さんが等級を引き継いで、等級を渡した側は再度新規で自動車保険に入りなおします。

セカンドカー割引を活用したり、加入年齢に応じた割引を利用すると新規で自動車保険に入り直した側も割引を受けられます。

ただし家族の了承を得なければならない事と同居しているなどの適用条件が定められていますので、ぜひ検討してみて下さい。

入れ替え方やもっと詳細な情報に関しては、以下の記事で詳細に解説していますので、参考にしてみてくださいね。

自動車保険の等級を家族間で引き継ぐ条件と注意点を徹底解説します!

レンタカー特約の必要性を理解して付加するかを決定しよう

いかがでしたか?

レンタカー特約は事故や故障時に借りる代車の料金を補償してもらえるため、事故に遭っても車で移動できなくなる心配はありません。

しかしレンタカー特約は自動付帯されるほか保障が手厚い分保険料が高くなります。

自分が本当に必要があるかどうかを確認して、特約を継続してつけていくかを判断してくださいね。

また必要だけど保険料を安くしたい…と考えている方は、記事の後部で紹介した方法も試してみてくださいね。