保険市場からSMSが来る理由とは?迷惑と感じたらどうすればいい?

保険市場 SMS

最大84社もの保険会社の中から、保険知識豊富なコンサルタントと無料相談ができる保険市場。

しかしこの記事を見てくださっているあなたは、保険市場から突然SMSが送信されてきたことに驚いているかもしれません。

突然SMSが届くと誰しもびっくりしますから、「なんで送られてきたのかな…?」と調べたくなってしまいますよね。

そこで以下では保険市場からSMSが送られてくる理由と、迷惑に感じたときに試してみてほしい対応を紹介します。

保険市場から送られてくるSMSに関する口コミ・評判

保険市場からのSMSに関しての口コミを調査したところ、以下のような声が寄せられていました。

このような口コミが寄せられていますが、どうしてSMSが皆さんに届くのか次の項目で解説していきます。

保険市場からSMS(ショートメール)を送信する4つの理由

実は保険市場から利用者の皆さんにSMSを送信する理由は、お客様への重要なお知らせをお送りするためなんです。

重要なお知らせは主に以下の4つに分類されます。

  • 資料請求後の無料保険サービス案内
  • 保険加入後のアフターフォローの案内
  • 契約した保険の料金未納などの請求
  • 保険契約時に登録した内容の確認

詳細は以下で説明していきます。

資料請求後の保険無料サービス案内

保険市場では保険無料相談を利用する前に、どんな保険の取り扱いがあるか、どの保険に加入したいかを事前に確認するために資料請求サービスを提供しています。

資料請求をする=保険への加入を検討していることになりますから、保険市場としては相談者を獲得するために、登録した電話番号をもとにSMSを送信するのです。

保険市場は無料相談をおこない保険を提案した結果、相談者が加入することで保険会社側から紹介料を受け取るビジネスモデルで運営されています。

保険への悩みがある方を無料相談に来ていただいて、保険の説明やヒアリングを行った後に提案まで結びつける流れを作る目的があるようです。

保険加入後のアフターフォローの案内

もしあなたが保険市場を活用して保険に加入した経験がある場合、加入後のアフターフォローの案内である可能性が高いです。

保険契約後は個人で契約を継続していきますが、定期的に保障内容を見直したり追加の特約について検討するタイミングが必要になります。

時間がたつにつれて収入や家族構成が変化するように、必要な保障額も変化していきますので、担当者が再度保障内容と加入者の生活状況を診断し用途しているのです。

もし保険の契約内容を確認してもらう必要がないのであれば、断ってもOKです。

契約した保険の料金未納などの請求

特例ではありますが、保険市場を通じて加入した保険の保険料の未納など、契約を継続できない可能性のある問題が発生した場合、SMSが送られてくることもあります。

滞納していて請求書が来ているのにも関わらずに無視している場合や、請求で問題が発生した場合に送られてくるので、折り返し連絡しましょう。

ただ請求関連で連絡が来ることは非常にレアケースです。

保険契約時に登録した内容の確認

保険市場で契約をおこない時間が経過している場合に、契約時に登録した内容の確認の為にSMSで連絡が来ることもあります。

契約から時間がたっていると、引っ越しや転職などで保険会社に登録している個人情報の内容に変化があることも。

実は保険では契約内容に変更が生じた場合、すぐに保険会社に変更内容を報告しなければ、告知義務違反として保険金請求ができない可能性が出てきてしまうのです。

保険契約後時間が空くと、転勤や転職をしていることもあるため、万一の場合に加入者が損しないために担当者から連絡するのです。

もっと保険市場のサービス内容が知りたい!という方は、ぜひ下記の記事を参考にしてくださいね!

保険市場の口コミ&評判を分析!利用するメリット・デメリットを徹底解説!

注意!保険市場を利用してないのに届くSMSはなりすましかも

保険市場を利用した方の口コミを確認してみると、「保険市場を利用したこともないのにSMSが来た」「保険の資料請求したこともないのに保険相談の案内が来た」という声が多く寄せられています。

主にSMS(ショートメールサービス)と呼ばれている、電話番号を利用した簡易的なチャットツールを用いて頻発しています。

利用経験がないのに保険市場からSMSが来た場合には、なりすましやフィッシング詐欺を一度疑いましょう。

保険市場では利用者の携帯電話会社の種類に合わせて、発信元電話番号が異なります。

au 00091888
ソフトバンク 21888
ドコモ 07048144377
楽天モバイル 07048144377

皆さんの契約している携帯電話会社の番号と、SMSの発信者番号を確認して上記内容と異なるのであれば何も触れずに削除し、着信拒否を行いましょう。

安易に送信されたURLをタップしてしまうと、変なサイトに飛ばされてしまったり相談予約を装った個人情報の抜き取りが行われる可能性があります。

保険市場は国内でも最大級といわれるほど規模の大きいサービスですので、悪徳業者に利用されるケースもあるため、SMSが届いたらまず検索をかけて確認するようにしましょう。

保険市場からのSMS(ショートメール)を迷惑に感じたらどうすればいい?

保険市場からの正規の番号でも送信する理由があるにしろ、頻繁に送られてきてしまうとスマホの通知が埋め尽くされてしまったり、未読通知が表示されて迷惑に感じてしまうこともあるでしょう。

以下では届くSMSを迷惑に感じたときに試してみるべき方法を解説していきます。

放置せずに必要ない旨を伝える

保険の契約状況確認や保険の提案をされているなら、放置せずにすぐに「間に合っている」と伝えましょう。

担当者側も間に合っていると回答している人に無理に進めようとせずに、その場で手を引いてくれる可能性もあります。

お互いのためにも放置せずにきちんと気持ちを伝えましょう。

保険市場側にSMSの配信停止を依頼する

保険市場のコールセンターに「保険に加入する意思はないのでSMSの配信停止をお願いします」と伝えましょう。

特に資料請求後の無料保険相談案内に悩んでいる人は、「保険に加入する意思がない」ことをはっきり通達しましょう。

無視し続けるのも確かに一つの手ではあるのですが、加入する意思がないなら早めの段階でしっかりと断ることも大切です。

保険市場の連絡先をブロックする

「担当者に断っているのに、引き続き送信されてくる…」なんて場合には、保険市場の連絡先をブロックするのも一つの手。

SMSの画面を開いて、「連絡先をブロックする」と記載されているボタンをタップするだけでOK。

ブロックした情報は相手に通達されませんので、申し訳ない気持ちも軽減されるでしょう。

スマホのなりすまし拒否の機能を使う

保険相談や資料請求をおこなったこともないのに、SMSが届く場合には携帯会社が提供しているなりすまし拒否機能を活用してみましょう。

自分で設定をカスタマイズできるので、相手の契約状況に応じてSMS配信をブロックできるかもしれません。

またURL付きのメッセージ受け取りを拒否できる機能もあります。

各携帯会社によって名称は異なりますが、公式サイトや設定情報を確認して、対応しましょう。

設定変更をおこなうことで、保険市場のなりすまし以外の迷惑メッセージもブロックできます。

保険市場のメールマガジンを配信停止する方法

保険市場のSMSだけではなく、頻繁に送られてくるメールマガジンでメールボックスが満杯になってしまう方もいますよね。

保険市場の資料請求や相談予約の際に、誤って配信を希望するを押してしまったなんてこともあるでしょう。

公式サイト上にメールマガジンの配信停止を依頼できる画面がありますので、ご自身のアドレスをコピペして配信停止ボタンをクリックしましょう。

ただし承認されるまで1週間かかりますので、その間のメールは適宜削除してください。

SMSが来る理由を理解して状況に応じて行動しよう

いかがでしたか?

保険市場は規模も大きくこれまでの相談実績も豊富なサービスですが、突然届くSMSの配信を迷惑だとと感じてしまう人も中にはいますよね。

ただ保険相談を利用すると、どこのサービスでもSMSやメールでお知らせを配信することは珍しいことではありません。

また届く内容は怪しい勧誘などではありませんので、安心して下さい。

ここで紹介している目的のいずれかの為に送信されていますので、相談を希望していない・関係のない内容の場合は、早めの段階で間に合っていることを伝えましょう。

また保険市場を装ったフィッシング詐欺目的のメールもありますので、SMSが届いたらまず発信者の番号を検索にかけて、本当に信頼できる相手からのメッセージなのかを確認しましょうね。