収入保障保険って必要なの?加入する必要のある人の特徴を徹底解説します

「万一自分が亡くなったときに、残された家族はどうなってしまうんだろう…」と考えたことはありませんか?

一家の大黒柱である皆さんが亡くなってしまった場合、収入減を失ってしまうため残された家族は生活に困ってしまうこともあります。

収入保障保険ではその名の通り加入者が亡くなった場合に、家計に収入として保険金が支払わられる保険です。

しかし中には「収入保障保険に入る必要なんかない」という人もいますよね。

どっちを信用すべきなの?と疑問に思ってしまうのも仕方がないですよね。

近亜紀は収入保障保険に加入する必要性から、数多くいる人の中でも加入すべき人の特徴も解説していきます。

収入保障保険は死亡後の遺族の収入を保障してくれる

冒頭でも紹介した通り、収入保障保険は死亡後の遺族の収入を保障してくれます。

所帯を持っている人であれば、養っている相手もいるでしょうから万一自分が亡くなった時の収入が不安に感じられる人もいますよね。

保険金の形で加須木に対してお金を残せるので、妻が専業主婦だったり子供がまだ小さい家庭であれば加入する必要性は大いにあります。

保険金を受け取れる期間は2パターン用意されている

収入保障保険は保険金の受取パターンを2つ用意しています。

保険金を死亡後10年15年と期間を定めて受け取れれる年満了パターンもあれば、65歳までなど年齢を定めて加入する歳満了もあります。

歳満了を選択すると定年までと必要な期間にだけ絞って保障を受けられる一方で、年金の受給年齢の引き上げや定年の延長、子供のさらなる進学などで必要な補償期間が延びた場合には保険会社に再度健康状態の告知を行う必要があります。

年満了にしておくと契約を自動更新にしてくれるので、おすすめです。

早期に受け取るほど金額が高い

収入保障保険は保険期間の後半になるにつれて受け取れる年金総額が少なくなるシステムになっています。

そのため加入してから早期の段階で保険金を受け取る方が、もらえる保険金額が高くなります。

「でも残り1年で亡くなったら対した金額がもらえないんじゃないの?」と疑問に思う方もいますよね。

収入保障保険では残りの保険期間が少ない段階で亡くなった人でも一定期間の保障が得られるように、最低保証期間を設けています。

加入時に最低保障期間を定められるので、必要な金額を試算してから加入するのが鉄則です。

収入保障保険が必要な3つの理由

収入保障保険が必要といわれる理由は以下の3つです。

  • 死亡後の公的保障だけでは遺族が生活できない
  • 保険料が比較的安く済ませられる
  • 家族が必要な時期にお金を残せる

死亡後の公的保障だけでは遺族が生活できない

収入保障保険が不要といわれる一つの理由として、公的保障である遺族年金で生活できるという人がいます。

確かに家族が死亡すると国民年金からは遺族基礎年金が、公務員や一般企業に勤めていたのであれば、厚生年金から遺族厚生年金が受け取れます。

ただし家族全員分もらえるわけではなく、配偶者が受け取った場合は子供は受給する資格がないなど、欲しい分満額もらえるわけではないのです。

死亡後の公的保障だけでは遺族は前の生活水準を保てなくなってしまう可能性があるのです。

また子供がいない家庭で遺族基礎年金を受けられないこともあるため、残された配偶者を守るためにも加入しておいて、一定期間の収入を補助する必要があるのです。

保険料が比較的安く済ませられる

収入保障保険は終身保険とは異なり、比較的保険料が安いことで知られています。

加入していたとしても、家計に占める負担を軽減できますので支払いに苦しむことも少ないでしょう。

もちろん特約を付加しすぎたり保険期間を長期に設定してしまうと、そのぶん保険料も高くなってしまいますので、注意が必要です。

ただし一定の疾病にかかった場合に保険料の払い込みが免除になる特約を付加しておくと、万一病気で働けない状況に陥ったとしても保険料の支払いで苦しむことはありません。

家族が必要な時期にお金を残せる

一家の大黒柱として気になるのが、家族1人当たり生活するのにどれだけの金額が必要かでしょう。

基本的に子供がいる家庭であれば、子供が小さければ小さいほど多くの金額が必要になります。

子供が自立するまでの期間、教育費や生活費その他クラブ活動費などを用意しなければならないためです。

収入保障保険に加入しておけば万一子供にお金がかかる時期に亡くなってしまったとしても、一定の金額を残せておけます。

他の死亡保障のついている保険にも加入しておけば、さらに保障を手厚くできますよ。

収入保障保険では健康状態がいいと保険料割引を受けられる

収入保障保険はさまざまな保険会社が商品を発売しているんのですが、共通してリスク細分型の保険が発売されています。

リスク細分型保険では、保険会社が定めると特定の条件をクリアしている場合に、保険料の割引を受けられます。

割引の中でも特に有名なのが非喫煙者割引です。

喫煙習慣がないことを保険会社に対して証明できれば、月々の保険料を割り引いてもらえるんです。

収入保障保険は加入者が亡くなった場合に保障を行う保険ですので、死亡リスクの高い習慣や数値が出ていない場合には低い保険料で保険に加入出来るチャンスになります。

収入保障保険に加入する必要がある人の3つの特徴

収入保障保険は加入する必要性の高い保険ですが、不要論があるように必要と感じられる人とそうでない人に分かれています。

収入保障保険加入する必要性のある人は、以下3ついずれかの特徴があります。

  • 一家の収入を支えている大黒場
  • 子どもが小さくこれから教育費がかかる人
  • 死亡後の相続税の支払い分を用意しておきたい人

以下で詳しく解説していきます。

一家の収入を支えている大黒柱

一家の収入を支えているいわゆる大黒柱の人は、収入保障保険に加入しておいて万一の場合に備えておく必要があります。

特に配偶者がパートなど非正規で働いでいる場合には、亡くなった場合にこれまでかかっていた生活費を捻出できるほどの稼ぎを得るのは一筋縄ではいきません。

自分が亡くなった場合にどれだけ家計の中で不足が生じるかを試算して、保険金額を設定するようにしましょう。

子供が小さくこれから教育費がかかる人

子どもが小さくこれから教育費がかかる人も、収入保障保険に加入しておいて保障を得る必要があるといえます。

子どもが幼稚園や保育園に通っているうちはまだ実感できないことも多いでしょうが、年齢が上がるにつれてかかる生活費や教育費も上がっていきます。

成長するにつれて洋服代もかかりますしクラブ活動などの費用も掛かってくるでしょう。

中学生や高校生になれば塾の費用も掛かりますから、さらに支出は増えていきます。

進路によっては私立の学校を選択することもあるでしょうから、学費が年に何十万円もかかることも。

子どもの水鬼な進路を選ばせてあげるためにも、収入保障保険で一定の生活費を保障できるように備えておくのも一つの手です。

死亡後の相続税の支払い分を用意しておきたい人

既に家を所有していたり、他の保険でも万一の死亡に備えている人もいるでしょう。

家や保険金を家族に残す際には、相続税がかかります。

加入者や所有者との関連性に応じて納める金額は変わりますが、控除が設けられているとはいえ一定金額の保障を受けなければなりません。

相続税が支払えなければせっかく受け継いだとしてもすぐに手放すことに。

収入保障保険で一定の金額を契約しておけば、万一相続税が発生しても対応できる金額を残せるかもしれません。

不動産を所有している人や保険を多額で契約している人は、家族に相続税の負担を与えないために保険に加入して保障を得ておきましょう。

収入保障保険に加入するか迷ったら保険相談を利用してみよう

収入保障保険はさまざまな保険会社が商品を発売しているので、いざ加入しようとしてもどんな保険を選べばいいかわからないでしょう。

また本当に自分に必要かどうかで悩んでいる状態の方もいるでしょうから、アドバイスが欲しい!と思っている方もいるかもしれません。

保険への加入を迷っていたり、自分に本当に必要か迷っている段階の人は、保険相談窓口に相談してみることをおすすめします。

保険相談窓口では、専門のスタッフが在中し保険に関するアドバイスを適宜行ってくれます。

保険に関する悩みの解消だけではなく、提携している保険会社の中から適宜必要な補償を提案してくれます。

加入手続きや契約内容の変更手続きも一元化できるので、契約の維持管理も非常に手軽におこなえます。

以下で当サイトおすすめの保健相談窓口を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボは訪問専門の保険相談窓口です。

全国に70か所の拠点を設けており、地方でも専門のコンサルタントが訪問して保険相談に乗ってくれます。

保険相談を担当するのは業界経験歴平均12年以上のベテランぞろいなので、確実に知識を持った人に相談できるアドバンテージは非常に大きいですよね。

オンライン相談にも対応しているので、該当地域にさえ住んでいれば遠隔で保険相談も対応してもらえます。

保険相談を利用後に、アンケートに回答するだけでプレゼントがもらえるキャンペーンンにも参加できますので、一石二鳥です。

以下の記事で保険見直しラボについて詳細に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

保険見直しラボの口コミ&評判を分析!利用するメリット・デメリットを徹底解説

ほけんの窓口

ほけんの窓口

ほけんの窓口は赤いマークが目じるしの保険相談窓口です。

来店とオンライン相談のみ取扱いですが、全国に店舗を展開しているためどの地域でも利用しやすいのがメリット。

40社以上の保険会社のなかからただ提案されるだけではなく、どんな保障が最適か判断してもらえます。

保険の加入手続きだけではなく、保険の継続的な見直しや保険契約を管理してくれるサービスも展開しているので、はじめて保険相談をおこなう方にはもってこいのサービスであるといえるでしょう。

以下の記事でほけんの窓口について詳細に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ほけんの窓口の実際の口コミ・評判から見えるメリットデメリットを紹介!

収入保障保険の必要性を知って加入すべきか判断しよう

いかがでしたか?

収入保障保険は死亡後の遺族の生活費の保障を目的に加入する保険です。

国民年金や厚生年金による公的な保障でも賄えると思われがちですが、子どもがまだ小さかったり、教育費がこれからかかる世代の場合には、公的な保障だけでは足りなくなってしまう恐れもあります。

一家の大黒柱として家庭を支える方や、子どもの教育費がこれからかかると予想される方は、収入保障保険への加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

また「自分に収入保障保険は本当に必要なのか?」と疑問に思っている方や加入したいけどどの保険に加入していいかわからない!という方は、保険相談窓口で相談してみることをおすすめします。

無料で利用できますので、ぜひ活用してみてくださいね。