日帰り手術でも医療保険の給付金は請求できる?日帰り入院の場合は?

「簡単な手術なので、今済ませてしまいましょう」と入院なく、日帰りで手術を受けられることもありますよね。

術後安静にしていれば入院の必要が無いと、仕事に支障も出ないので安心ですが、医療保険に加入している場合手術給付金が受け取れるか気になりますよね。

せっかく加入しているのであれば、医療保険を活用して保険金を受け取りたいところです。

しかし手術=入院のイメージがありますから、入院していないと給付金が受け取れないんじゃないかと不安になるかもしれません。

この記事では日帰り手術を受けた場合でも、医療保険に給付金を請求できるのかを解説しています。

また日帰り入院の場合にも、給付金を請求できるのかも解説しています。

最近では手術でも入院を必要としない場合が多い

医療の発達により入院せずとも、手術を受けられるようになりました。

大腸ポリープや上肢骨折、鼠経ヘルニアなど、過去は数日~1週間程度の入院が必要だった症例でも、病院によっては受けた当日に帰宅できるようになっています。

もちろん大事をとって入院をすすめられることもありますが、患者の希望や術後の介護者の有無によって、日帰り手術を選択できるのです。

日帰り手術だと保険金を受け取れる可能性がある

結論、日帰り手術の場合、医療保険に手術給付金を申請すれば受給できる可能性があります。

上述した通り、最近の医療の発達により、入院不要の手術が増えています。

医療保険でも、日帰り手術に対応できる保障内容を備えた商品が、続々と発売されています。

ただし加入時期や保険会社の方針によっては、日帰り手術が受給対象として認められないこともあります。

申請する前に、保険会社のコールセンターに問い合わせて、受給対象として認められるかを確認しておきましょう。

自己判断で請求しないと損になる可能性も

よくあるのが「大腸ポリープの日帰り手術をうけたけど、申請する必要が無いと思って」と保険会社に申告しないパターンです。

自己判断で請求しないと、受け取れる機会をふいにしてしまいます。

手術を受ける前に、手術がどんな種類なのか、保険金の支払いが認められるかを聞いておくのもいいでしょう。

保険会社の公式HPでは、支払い事例が公開されているので、気になる方は確認してみると良いでしょう。

日帰り入院は保険会社によって対応が異なる

医療機関に問い合わせて、手術後の処置が「入院」に該当することもあります。

日帰り手術に分類される場合、給付金が受け取れるかは保険会社によって対応が異なります。

手術をともなう日帰り入院であれば、手術給付金を需給してもらえる可能性はあります。

ただし入院費用を日額で保障してくれる「入院給付金」は、保険会社の約款の記載によって支払いを断られる可能性もあるんです。

冒頭でも紹介したように、最近では手術を受けても当日中に退院できるケースも増えています。

しかし医療保険の約款に「入院給付金が支給開始になるの2日目以降」と、日帰り入院が含まれていない場合は、保険金の支払い対象としては認められません。

日帰り入院を判断するポイント

保険会社の約款に日帰り入院も保障対象と記載されていても、以下のポイントに当てはまらない場合は、保険会社から支給を断られてしまう可能性があります。

  • 入院基本料が領収書に記載されている
  • 入院日と退院日が同じ
  • 入院設備のある設備か

以下で詳しく解説していきます。

入院基本料が領収書に記載されている

病院が発行している領収書に、入院基本料の記載があれば、保険会社に入院として認めてもらえる可能性が高いです。

日帰り入院をする場合は、よほどのことがない限り公的な健康保険制度を活用します。

受診したあとに窓口で受け取れる領収書には、受けた治療ごとに診療報酬が設定されています。

診療報酬に入院基本料の記載があれば、保険会社側も日帰り入院が行われていたことが判断できるので、給付金の手続きを進められます。

入院日と退院日が同じ

日帰り入院は入院日と退院日が同じである必要があります。

入院日と退院日が異なる場合には、通常の入院として扱われます。

通常の入院の場合は、通常通り保険会社に連絡して、給付金の請求手続きを行いましょう。

また入院日と退院日の記載がない場合は、通院として認められてしまうこともありますので、注意が必要です。

入院設備のある施設か

入院設備の整っている施設でないと、入院として認められない場合があります。

20人以上入院できる設備がある病院や、国や自治体から特別に認められたクリニック・診療所のみが対象になります。

小規模な病院や、手術設備があるかを、医療機関の窓口で問い合わせておきましょう。

注意!手術後にベッドに寝ているだけでは入院にはならない

「手術後に病院のベッドで休んだし、日帰り入院に該当するんじゃないの?」と思う方は結構多いです。

手術後にベッドに寝ているだけでは、入院としては認められません。

術後の休養としてベッドに寝かされている場合などは、保険金の受け取り対象にはなりませんので、注意が必要です。

自己判断せずに病院や保険会社に問い合わせて給付金を受け取ろう

いかがでしたか?

日帰り手術を受けた場合は、基本的には医療保険の手術給付金の受け取り対象になります。

しかし手術後に一定の措置を受けた場合に、日帰り入院として認められて入院給付金を受け取れるかは、保険会社の判断によります。

保険会社の約款に、日帰り入院も入院給付金の支払い対象になると記載されており、請求書に入院基本料の記載があれば、給付金を受け取れる可能性があります。

ただし上記すべてを自己判断で「給付されない」と申請しないままだと、せっかくの保険が無駄になってしまいます。

少しでも支払い対象になる可能性があれば、医療機関や保険会社に確認して、手続きを進めていきましょう。

当サイトがおすすめする保険相談窓口3選