刺青・タトゥーが入っていると生命保険に加入できない!その理由は?

刺青・タトゥーが入っていると生命保険に加入できない!その理由は?

生命保険に加入しようとしている人の中には、おしゃれのために刺青やタトゥーを入れ居ている方もいることでしょう。

ですが刺青やタトゥ―が入っている場合、生命保険会社の判断によっては保険への加入を断られることもあります。

生命保険は健康状態に異常がある場合には加入できないといわれていますので、何故健康であるにも関わらず刺青やタトゥーというだけで加入できない可能性が出てきてしまうのか気になる方もいますよね。

そこで以下では刺青・タトゥーが入っている場合に生命保険に加入できない理由を徹底的に解説していきます。

刺青・タトゥーが入っていると生命保険の加入を断られる理由は?

刺青・タトゥーが入っていると生命保険の加入を断られる理由は、大きく分けて以下の2つです。

  • 反社会的勢力のイメージがあるから
  • 施術の時に病気にかかるリスクがあるから

以下で詳しく解説していきます。

反社会的勢力のイメージがあるから

最近では海外の方がおしゃれで彫るイメージが定着しているため、ファッションの一環として認識されている刺青やタトゥーですが、日本ではまだまだ悪いイメージが残っています。

テレビドラマや映画でも取り上げられるように、反社会的勢力のイメージが根強く残っているためです。

生命保険会社はモラルを非常に重要視しているため、反社会的勢力の加入は出来るだけ避けようとします。

現に暴力団員などの構成員が不法行為で逮捕されている事件もあるので、生命保険を悪用されることを避けて保険会社としての信頼を保つ目的があります。

刺青やタトゥーを入れている方の中にも反社会的勢力に属していない方もいるでしょうが、やはりすでに固定されたイメージがある以上、加入は厳しくなってしまうのです。

施術の時に病気にかかるリスクがあるから

刺青やタトゥーを掘るときには、専用の機材を用いて体内に染料を入れていきます。

体内に機材を入れるため医療行為として最近は認識されていますが、過去には衛生面を考慮せずに施術をする彫り師もいました。

衛生上の管理が行き届いていないところで施術をした場合、同じ機材を用いて刺青を掘った人の中に肝炎を患っている人がいたり、感染症を持っている人がいると知らず知らずのうちに健康状態がおかされている可能性があるのです。

生命保険会社からすれば、彫った場所が衛生環境が良いかどうかを判別するのは非常に難しいため、タトゥー=病気のリスクが高いと総合的に判断するのです。

もちろん病気のリスクがある以上、生命保険では他の加入者と同じように扱うことは出来ませんから、加入を断られてしまうことにもつながるんです。

刺青やタトゥーが入っている人が生命保険に加入するには?

「生命保険に加入できないなら彫るんじゃなかった…」と後悔されている方もいるかもしれません。

ですが刺青やタトゥーが体に入っていても、生命保険に加入できる方法が2つだけあります。

以下で詳しく解説していきますね。

生命保険会社に直接問い合わせてみる

一般的には生命保険には加入できないといわれていますが、実は刺青・タトゥーが入っていることで生命保険に加入できるかどうかは、保険会社の加入方針次第になります。

冒頭でもお伝えしたように、最近ではおしゃれを目的に彫る人もいますから、大手の保険会社では申告後に検査や反社会的勢力との関係性がないと判断できるのであれば、加入を認めてもらうこともできる可能性があります。

疑念を払しょくしておくことで加入できる可能性があるのであれば、やましいことがない限り保険会社に直接問い合わせて対応方針を確認しておくことをおすすめします。

保険代理店で確認してみる

一つ一つの保険会社に直接確認するのがためらわれる場合には、生命保険を取り扱っている保険代理店で相談してみるのも一つの手です。

保険代理店では一般的には複数社の保険を取り扱っていますので、刺青が入っていることを伝えればそれでも加入が認められる可能性がある保険を紹介してくれる可能性があります。

必ず紹介してもらえるとは限りませんが、可能性がある以上トライしてみる価値はあります。

保険知識が豊富な担当者が対応してくれますので、告知書類の書き方についてもレクチャーしてくれますから、保険への加入が初めての人でも安心して利用できるのではないでしょうか。

無料で利用できますので、一度利用してみることをおすすめします。

刺青・タトゥーが入っていることを隠して加入できる?

上の項目で刺青・タトゥーが入っていることを告知する記入欄がないことをお伝えしましたが、「じゃあ黙っておけばばれないんじゃ…」と考えている方も少なからずいるでしょう。

しかし刺青やタトゥーが入っていることを隠して生命保険に加入すると、何らかのトラブルがあり保険金を請求する際にばれると、保険金がおりない可能性があるんです。

生命保険に加入するときには、自身の健康状態を何一つ誤りなく申告する「告知義務」が生じます。

刺青・タトゥーが入っていることを告知していないと、保険会社から虚偽の申告をしていたとの判断を下されてしまう可能性があり、最悪契約解除されてしまうことも。

自分に不利になるからといって、誤魔化さずに生命保険会社に正直に申告するようにしましょう。

刺青・タトゥーが入っているからあきらめずに生命保険への加入を目指そう

いかがでしたか?

スタイリッシュな印象のあるタトゥーですが、海外とは異なりいまだに日本では悪いイメージが残っています。

生命保険会社は信頼を第一に考えていますので、加入を断られる可能性があることをしっかりと把握しておくようにしましょう。

ですが保険会社の中でも正直に申告し、条件クリアすれば加入が認められたり条件付きで加入できる可能性がありますので、加入できそうな保険会社を探してみることをおすすめします。

保険代理店などの保険相談サービスを利用すれば、複数の保険会社の中から加入できる保険を紹介してもらえる可能性もあります。

隠して加入してしまうと、ばれた時に予想外のペナルティを受けることにもなりかねませんので、正直に申告するようにしましょうね。