学資保険の見直しで注目すべきポイントと注意点を徹底解説します

学資保険 見直し

学資保険は子供の進路の実現のために加入する保険ではありますが、保険料支払いを毎月1~数万円単位で進めていくのは家計的に負担になりがちです。

ですがせっかく子供のために積み立てている保険ですから、保障を減らさずに子供のための教育費を貯めていきたいですよね。

保険ではコツを抑えて保険料の見直しを進めていくことで、保険の保障内容を一定のレベルで維持したまま子供のための教育資金をのこせます。

今回は学資保険を見直す際に注目すべきポイントと、損をしないための注意点を解説していきます。

学資保険は見直しで保障内容を変更できる

学資保険は生命保険ほど定期的に見直す必要はありませんが、見直しをすることで保障内容を変更して保険料負担を軽減できます。

学資保険は貯蓄型の保険ではありますが、満期まで支払い続けると保険金を受け取り、子供の進学などの教育費に活用します。

ですが加入期間中に子供が進路変更を希望したり、保険料の支払いが難しいほどに家計の状況が悪化してしまっている場合には、保障内容を確認して保険料の負担を軽減する必要があります。

学資保険でも保障内容を確認して不必要なものを変更することで、少額でも保険料負担を軽減できる可能性があります。

学資保険の支払いで生活が苦しい!契約を継続するためのポイントを紹介

学資保険の見直しで注目すべき4つのポイント

学資保険の見直しで注目すべきポイントは以下の4つです。

  • 月々支払っている保険料
  • 保険金の返戻率の高さ
  • 保険料の払い込み期間
  • 学資保険に付帯している特約

以下で詳しく解説していきます。

月々支払っている保険料

学資保険の見直しでまず最初に注目すべきは、月々支払っている保険料です。

学資保険は加入時の子どもの年齢と親の年齢、特約や支払予定の保険金額で保険料が決定されます。

平均の保険料と自分の支払っている保険料を見比べて、多いかどうかを確認してみてください。

保険料が平均から見てあまりにも高いのであれば、何らかの特約や保障を見直す必要があります。

保険金の返戻率の高さ

学資保険では皆さんが振り込んだ保険料を保険会社が預かり、目標の金額まで一定期間運用してくれます。

どの程度支払った保険料が戻ってくるかを表す指標として返戻率という割合があります。

加入している保険の返戻率を確認してどの程度が戻ってくるのかを確認しましょう。

単純に加入する時期が遅くて運用期間が十分に用意されていないのであれば仕方がありませんが、それ以外で返戻率が低い場合には見直しが必要です。

保障内容の見直しをすることで返戻率を上げることもできます。

保険料の払い込み期間

学資保険では保険料の払い込み期間も注目すべきです。

保険料の払い込み期間を長期間に設定しているとその分保険会社が運用する期間が短くなりますので、そのぶん返戻率が下がります。

可能であれば短期ですべて払い込んでしまった方が、運用期間を十分に確保できますので返戻率を高めることができます。

加入している学資保険の払い込み期間を確認して、どの程度の期間で払い込んだ方がお得になるのかを計算しておきましょう。

学資保険は一括払いすべき?一括払いのメリット・デメリットを解説!

学資保険に付帯している特約

学資保険には通常の保険料を積み立てる保障だけではなく、特約として医療保障など子供に関連する保障や死亡保障を付帯できます。

特約を付ければ子供や自分に万一のことがあったとしても、費用負担を軽減できるのです。

しかし保険においては保障を増やせば増やすほど保障範囲が広くなりますので、保険料もその分上がっていきます。

保険会社に多額の学資保険料を支払っていたとしても、保障分が多いと保険料の中で積み立てに回される金額が少なくなり、返戻率の悪化をもたらします。

学資保険の見直しで把握すべき3つの注意点

学資保険の見直しを行う際には、以下の3つの注意点を把握しておきましょう。

  • 学資保険は簡単に予定保険金額を増やせない
  • 子どもの年齢によっては保険を切り替えられない
  • 保険を早期解約することで保険が元本割れを引き起こす恐れあり

以下で詳しく解説していきます。

学資保険は簡単に予定保険金額を増やせない

保険の見直しを行う方の中には、子供の希望進路が急に変わり私立に通うことになったご家庭の親御さんもいることでしょう。

学資保険は加入時に契約者である皆さんの健康状態や年齢を査定し、保険料を決定しています。

途中で保険金を追加するとなると保険会社側も保険料を再度計算しなおさなければならないため、非常に手間がかかるため対応してくれません。

学資保険は簡単に予定保険金額を増やせないので、子供のために別途教育費用を用意してあげたいと考えている方は別途他の学資保険に加入を検討しましょう。

子供の年齢によっては保険を切り替えられない

学資保険の返戻率や契約内容自体に問題があった場合、子どもの年齢によっては保険を切り替えられない可能性が高いです。

学資保険は確実に運用期間を設けるために一般的には子供が小学校に入学するタイミングまでに加入しなければなりません。

例えば子供が小学校5年生になって中学受験を検討しているから、将来いい大学に入るために返戻率の高い学資保険に切り替えようとしても、子どもの年齢がネックとなり保険の切り替えを断られることになります。

保険を早期解約することで保険が元本割れを引き起こす恐れあり

見直しの末に保険を早期解約して切り替えることになると加入している保険を解約する必要が出てきます。

学資保険は払込期間に解約してしまうと、支払った保険料が元本割れを引き起こす恐れがありますので、注意が必要です。

元本割れとは学資保険側に支払ってきた保険料と解約返戻金として支払われる金額に差が出てしまい、結果的に損している状況を示します。

せっかく支払った保険料を無駄にしないためにも、返戻率や解約返戻金を確認しながら保険の見直しを進めましょう。

学資保険を見直すなら保険相談窓口を活用しよう

学資保険を見直す際には、保険の保障内容はもちろんのこと今後保険料を支払えるだけの金銭的余裕があるかなど、家計面も考慮したうえで進めていく必要があります。

自分一人ですすめようとすると、重大な条件を見落としてしまったり解約返戻金の金額が十分でないこともあるかもしれません。

学資保険を見直すのであれば、保険相談窓口を利用することをおすすめします。

保健相談窓口を利用することで保険の知識豊富なスタッフから知識を共有してもらえるほか、保障を提案してもらえます。

以下でおすすめの保険相談窓口を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗は全国に300店舗以上を展開している、無料の保険相談窓口です。

多くが直営店のためサービスも均一、相談方法も店頭だけではなく訪問相談や電話相談も対応してもらえます。

40社以上の生命保険会社損害保険会社の中から保険の提案をしてくれるほか、皆さんの状況をヒアリングしたうえでライフプランをオーダーメイドで作成してくれます。

学資保険んの相談にも対応していますので、学資保険でお困りの方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

保険見直し本舗の実際の口コミ・評判からわかるメリット・デメリットを紹介!

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボは訪問専門の保険相談窓口です。

32社もの保険会社の中から適切な保険の提案やアドバイスをしてくれますので、学資保険の見直しで悩んでいる方はぜひ活用してみてください。

相談を担当するスタッフはベテランぞろいですので、安心して任せられるのもメリットの一つ。

相談を利用後にアンケートに回答するだけでプレゼントがもらえるキャンペーンに参加できます。

保険見直しラボの口コミ&評判を分析!利用するメリット・デメリットを徹底解説

学資保険を見直して無駄を省いて保険をスリム化しよう

いかがでしたか?

学資保険は子供が小さいころに加入するため保障内容を放っておくことも多いでしょうが、加入時に特約を付帯していると保険料がかえって高くなっていることもあります。

学資保険の保険料支払いが厳しいなと感じているのであれば、学資保険の保障内容や保険料を確認して、無駄を省いていきましょう。

保険の見直しで迷っているのであれば、保険相談窓口で保険のプロに相談すると専門的な目線から保険に対してアドバイスを受けられますし、効率的に保険の見直しを進められます。

学資保険は子供のために加入する保険ではありますが、特約を付帯しすぎていると保険料が高くなってしまいますので、適宜見直して保険のスリム化を図っていきましょう。